最新トレーニングを取り入れた、zen placeのHIIT(ヒット)ヨガとは?

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガスタジオ

HIITは、高い強度の運動をおこない、短時間でさまざまな効果が期待できるトレーニング法。インターバルトレーニングの1つで、近年注目されている運動です。「High-Intensity Interval Training」の頭文字を取り、HIITと呼ばれています。

ヨガ・ピラティスのプログラムをおこなっているスタジオ「zen place」は、HIITとヨガを組み合わせたレッスンを2019年4月より開始。ダイエットや健康維持、身体能力向上など、さまざま目的を持つ人だけでなく、短い時間で高い効果を得られるため、忙しい現代人にも最適なトレーニングとしています。

zen placeがおこなっているHIITヨガとは、一体どのようなものでしょうか?プログラムの特徴や効果、また実際にHIITヨガを体験したSienaスタッフによるレポートも合わせて紹介します。

zen pleaceで楽しめるHIITヨガとは?

HIITヨガは、ヨガ・ピラティススタジオの「zen place」にあるプログラム。高強度インターバルトレーニングと呼ばれるHIITとヨガを組み合わせており、体がもともと持っている力を短時間で引き出すことを目的としています。

特徴

1回のレッスンで効率的に無酸素・有酸素運動ができるため、運動効率が良いのが特徴。HIITは多くの場合、1回30分程度の時間ですが、HIITヨガはそれよりも長い60分となっています。

また、レッスンの最後に瞑想を取り入れているのも特徴の1つ。最大心拍数を迎えた体は多くの酸素を取り込もうと、深い呼吸を自然とするようになります。その状態で瞑想をおこなうと、呼吸と心拍の音が聞こえやすくなり、自身の体と向き合いやすくなるため、通常の運動より瞑想状態になりやすいと言われています。また、心拍変動が激しいほど、心肺機能の強化につながる点もポイント。その結果、安静時の心拍数も低下します。

時間生物学をもとに算出された、人間が一生の間に打つ心拍数は23億回です。長生きするためには、心拍1回でどれほど全身に血液を運べるかが大事。そのため、心拍機能を向上させ、安静時心拍数を低下させることが近年の健康法で注目されているのです。

HIITヨガをおすすめしたい人

HIITヨガは、HIITでおこなわれる高強度の運動が中心のため、ダイエット効果が高いので、痩せたい・ダイエットしたい人に最適。またヨガ初心者や運動不足の人でも、自分のペースで取り組めるので問題なくレッスンを楽しめます。

年齢や性別、レベルを問わず楽しめるので、もともとヨガをしていた人や健康維持を目的に運動したい人にもおすすめです。通常のヨガよりも負荷がかかるので、男性でも満足できるため、カップルや家族での利用している人も多くいます。

そもそもHIITって?

HIITは、高強度インターバルトレーニングと呼ばれる運動法。運動強度の高いトレーニングと休憩を繰り返しおこないます。立命館大学の田畑教授らによる研究グループに基づいた方法です。

数十秒の高強度運動を数分の休憩を挟みながら複数回全力で繰り返すため、無酸素運動と有酸素運動を同時におこなうことができます。そのため双方のメリットが得られ、短時間でも体への効果が期待できるとされているのが特徴。

HIITの大きなメリットは、10分だけでも毎日おこなえば着実に効果が期待できる点です。ジムなどに通わなくても自宅でおこなえるので、高い負荷がかかるにもかかわらず、自宅で取り組めるトレーニングとなっています。ダイエットや体の不調改善のほかに、心肺機能の向上や筋力アップなど、健康的な体作りにも最適です。

HIITヨガで得られる効果とは?

zen placeでおこなわれるHIITヨガで得られる効果は、HIITとヨガの良い部分をどちらも期待できるのがポイント。HIITでは、瞬発力を発揮するアウターの筋肉を鍛えやすくなっています。さらにヨガを取り入れることで、自身の体を安定させるインナーマッスルを鍛えることが可能です。

インナーマッスルを同時に鍛えられるので、運動機能を最大限に高めることができ、バランスのよいボディメイクへと導いてくれます。また、インナーマッスルは神経系と強い結びつきがあり、筋肉と脳の連携を高めてくれる役割も。日頃、使いこなせていない体本来の能力を呼び覚ますため、呼吸や姿勢、可動域の改善など、運動時以外での効果にも期待できる点が魅力です。

ダイエット効果

HIITヨガのプログラムは、無酸素運動と有酸素運動がおこなえるため、脂肪燃焼効果が期待できます。また同時に筋力・基礎代謝アップが期待できることから、より高いダイエット効果も期待可能。

HIITには、運動後も一定時間カロリーを燃やし続けるアフターバーン効果があります。アフターバーン効果とは、高強度な無酸素運動で破壊された筋肉を修復する、いわゆる「超回復」によって消費される効果のことで、運動をしたあとでもカロリーを燃焼し続ける点が特徴です。

筋肉の修復には摂取したタンパク質を分解し、これまでより大きくなった新たな筋繊維を作る必要があるため、体はエネルギーを消費する必要があります。激しい無酸素運動のあとで筋肉が炎症を起こしていると、体はより多くのエネルギーを必要とします。筋肉を補填するために、筋肉生成に必要なエネルギーとなる脂肪や糖の燃焼機能もアップするため、トレーニング終了後24〜72時間は何もしなくても脂肪燃焼効果が持続する点がメリットです。

筋トレやウエイトトレーニングなどのあとに有酸素運動をおこなうよりも、1レッスンで2種類の運動がおこなえるため、効率的なダイエットが叶います。

不調の改善

高い負荷がかかる運動のため、血行が促進され、体の循環が良くなる効果が期待可能。冷えの改善や肩こり・腰痛といった痛みの緩和に効果的。

また、筋力アップの効果によってしっかりと体幹を鍛えられると、姿勢が改善されます。内臓や骨、関節が正しい位置に戻るため、原因がわからない不調の改善にも効果を期待できるのが特徴です。

健康維持

高強度の運動による心肺機能の強化は、健康的な体を維持するのに効果的。また体内に酸素を取り込めるようになると、血液循環も改善するため、心臓・脳の疾患リスクを減らす期待もできます。

またダイエット効果によって肥満状態も軽減されるため、生活習慣病のリスクも軽減可能です。

編集部スタッフがHIITヨガを体験

Siena編集部も実際に、HIITヨガのプログラムを三軒茶屋スタジオで体験してみました。

今回の担当してくださったインストラクターは、ヨガインストラクターの先生もしておられるKenさんです。優しくも熱い指導が印象的。

もも上げやスクワットからスタート

zenplaceのHIITヨガは、もも上げからスタートし心拍数を一気に上げていきます。次に、1kgのダンベルを両手に持って負荷をかけながらスクワット。1kgと言うと軽く感じられますが、HIITのトレーニング中は1kgでも十分な負荷が加わります。

HIITヨガのプログラムで1番辛く感じたのは、ダンベルを持ちながら高速でボクシングのパンチを繰り出すメニューです。最初はダンベルを持たずにパンチしますが、途中でダンベルを持って負荷をかけます。このメニューでは、1kgのダンベルが5kgに感じられたほど。日頃いかに二の腕の筋肉を使っていないか思い知らされました。

ストレッチと瞑想でクールダウン

最後は約10分間のストレッチと瞑想で、上がりきった心拍数を安静な状態まで落としていきます。お尻の下にヨガブロックを置くことで、あぐらを組みやすくなり、よりリラックスした状態に。目をつぶって瞑想した後は、頭も体も体験したことないほどスッキリ冴えたのが驚きでした。心拍数を最大まで上げてから下げるのは、日常でなかなか体験できません。自律神経の振れ幅を最大にすることで味わえるスッキリ感が、このプログラムのポイントに感じました。

「もっと高くジャンプしよう」など、インストラクターからのアドバイスで運動の効果をさらに高めることができるのが、スタジオでプログラムに参加するメリットの1つです。トレーニング中に辛くて心が折れそうになることもありましたが、上手くできると褒めてもらえたり、周りが頑張っているので「自分もやらなきゃ」と思えたので、まずは正しい運動法を習得するためにもスタジオで実際に体験してみることをおすすめします。

HIITクラスを予約(公式サイト)

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ヨガプラスを退会するには:違約金や休会はあるのか

ヨガプラスは会員登録してから基本的に4カ月は解約で...

2019年07月19日, ヨガスタジオ

ヨガプラスの他店舗利用制度とは?お得にヨガを満喫できる

ヨガプラスは都内に14店舗、横浜に1店舗、大阪に4...

2019年07月19日, ヨガスタジオ

ホットヨガ「カルド」を実際に体験!室温40℃の岩盤スタジオがすごい

ヨガを始めてみたいけど、自分は体が硬いし続けられな...

2019年07月19日, ヨガスタジオ