1日10分のヨガで美脚に。下半身痩せにおすすめのポーズとは?

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガで身体の部位をケア

下半身太りは、多くの人が解消したい悩み。お尻や太もも、ふくらはぎ、足首など、太さが気になる部位は人によって異なりますが、下半身太りの原因は大きく分けて3つあります。解消するために効果的なのが、ヨガポーズ。

ヨガのポーズは、筋肉を鍛えながら脂肪を燃焼させることが可能です。また血流が改善するため、老廃物の排出もできて、むくみの解消にも最適です。

ヨガで下半身太りと解消するメリット、下半身太りになる原因とは、一体なんでしょうか?おすすめのポーズも紹介します。

ヨガで下半身太りを解消しよう

お尻や太もも、ふくらはぎなどの下半身を痩せるためには、筋肉を鍛えながら脂肪を燃焼させるのが効果的。ヨガなら、筋肉太りを防ぎながら下半身痩せが目指せます。

ダイエットのためには、筋肉をつけて基礎代謝をあげ、脂肪を燃焼しやすい体を目指すことが大事。しかし、脂肪がついたまま筋トレをして筋肉を強化してしまうと、いわゆる筋肉太りの状態になります。また筋トレは無酸素運動なので、脂肪燃焼効果はほぼ期待できません。

ヨガは有酸素運動なので、脂肪を燃焼する効果が期待できます。またインナーマッスルを含めて全身の筋肉を鍛えるため、ダイエットに効果的。下半身を始めとした全身の脂肪を燃焼しながら筋力上げられるので、太りにくい体も目指せます。

骨盤のゆがみ調整で、すっきりする効果も

下半身太りは、脂肪以外に骨盤のゆがみも理由の1つ。骨格のゆがみは、血流やリンパの流れを妨げてしまうためむくみが起こりにくくなり、また脂肪も付きやすくなってしまいます。

ヨガポーズは体幹の筋力を上げるため、姿勢が正しくなり、ゆがみを徐々に解消していける運動。また正しい姿勢でポーズを取るため、日常のクセなどを改善する効果もあります。

下半身が太る原因とは?

下半身太りの主な原因には、むくみ・脂肪・筋肉の3つあります。むくみが原因で太っている人は、体内の水分バランスが崩れて老廃物が排出されないため、慢性的にむくみを感じることがあります。

脂肪の場合は、セルライト担っている可能性も。筋肉の場合は、鍛えられた筋肉の上に脂肪がついている場合が多く、むくみや脂肪と比べて痩せるのに時間がかかります。

下半身痩せにおすすめのヨガポーズ

下半身痩せに効果のあるポーズは、初心者でもおこなえます。おもに筋肉をほぐしながら血行を促進し、筋力を上げられるポーズが中心。習慣的におこなうのがより効果的です。

また疲労回復効果も期待できるので、1日の終わりやリラックスタイムに取り入れるのも最適です。

牛の顔のポーズ

両足を前に伸ばして座り、右足が左足を超えるようにして右足を左足の外側に付きます。左ひざも曲げ、両ひざを重ねましょう。お尻はしっかりと床につけます。

息を吸いながら右手を天井に向かってまっすぐ伸ばし、左手は床に向かって伸ばしましょう。手のひらが背中側にくるよう、両ひじを曲げてください。背中で手を掴んだら、そのままポーズをキープします。

バッタのポーズ

うつ伏せになり、額は床につけておきましょう。腕は体に沿わせ、手のひらは床につけます。息を吸いながら、お尻を軽く引き締めて足を持ち上げましょう。同時に頭と胸までの上半身も持ち上げます。

腕は床と平行になるように上げ、そのままポーズをキープしてください。

横たわった合せきのポーズ

ひざを曲げて足を立て、仰向けになります。背中はしっかりと床につけましょう。そのままゆっくりと呼吸を繰り返したあと、痛すぎないところまでひざを開いていきます。心地よい程度のところまで開いたら、全身の力を抜いて呼吸を繰り返し、ポーズをキープしてください。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

耳ヨガとは?簡単にできるマッサージで刺激を与えて、健康になろう。

近年話題のヨガ。さまざまな種類がありますが、耳ヨガ...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア

指ヨガとは?リラックスできるだけでなく、体の不調にも効果あり。

体に何かしらの不調を持っている人は多く、代表的なも...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア

ヨガでバストアップしよう。きれいな胸を作るのに効果的なポーズとは?

近年、話題になっているヨガでは、ポーズをおこなうこ...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア