食べ過ぎたときはヨガをしよう。消化促進に効果のあるポーズでリセット。

食べ過ぎたときはヨガをしよう。消化促進に効果のあるポーズでリセット。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

食べ過ぎてしまった日は、できるだけ早く食べたものを消化して、太る心配を解消したいもの。しかし、忙しくてまとまった時間運動がおこなえない人や激しい運動が苦手な人もいるはず。

そんなときには、消化を促進する効果が期待できるヨガポーズがおすすめです。一体どのようなものがあるのでしょうか?

食べ過ぎたときには、ヨガポーズをしよう

食べ過ぎたときには、内臓の働きを良くして消化を促進するヨガのポーズを取るのがおすすめ。激しい運動ではないため、運動が苦手な人でもおこなえるのはもちろん、自宅で簡単にできるのがメリットです。

ただし、食後すぐにおこなうのは避けましょう。2時間程度おくことが望ましいですが、不可能な場合は最低でも30分は時間を空けることが大切。

胃に食べ物が入った状態で刺激を与えてしまうと、気分が悪くなってしまう可能性があります。また呼吸もおこないづらくなるので、ヨガのポーズで得られる効果が最大限発揮されないことも。

食べ過ぎ解消に効果的なヨガポーズ

背中やお腹周りをひねるポーズが効果的。内臓、とくに胃へ刺激を与えることで、消化を促進することができます。ポイントは、ゆったりとした腹式呼吸を忘れないでおこなうことです。

半分の魚の王のポーズ

両足を揃えて伸ばし、床に座ります。右足を立て、左足の外側に。左足を曲げ床につけながら、お尻のほうへと引き寄せましょう。左手を前に、右手をお尻の後ろにし、床につけます。大きく息を吸いながら、背骨を真っ直ぐに保ちます。

息を吐きながら、ゆっくりと右へと体をひねってください。7回ほど呼吸をおこないます。その後、正面にゆっくりと体を戻します。

足の親指をつかむポーズ

仰向けになり、つま先が天井に向くようにかかとを押し出す意識で、足を伸ばしてください。両手で右ひざを抱え、胸へと引き寄せます。右手の親指と人差し指、中指で右足の親指を掴みましょう。このとき、左足を動かさないように注意してください。息を吸いながら、右足をゆっくりと伸ばしていきます。

天井へとかかとを押し上げることを意識しましょう。付け根からしっかりと持ち上げ、垂直になるようにするのがポイント。この体勢のまま、呼吸を3回繰り返します。

両手を上げるポーズ

まずは、山のポーズを取ります。あごを引き、肩の力を抜いた状態で、足の裏全体でバランスを取ることを意識しながら立ちましょう。息を吸うのと同時に、両腕を外側から天井のほうへ上げ、頭の上で手のひらを合わせていきます。

三角のポーズ

足を肩幅よりも広く開き、右足の先を外側に90度の角度で向けます。このとき、左足の先も少し内側へ向けるのがポイント。右手で右足を持ち、左足は天井へ向かって垂直に伸ばします。そのまま呼吸を5回ほど繰り返してください。

ねじって頭をひざにつけるポーズ

両足を前に伸ばして座った姿勢から、左ひざを曲げて右足の太もも内側につけた状態のまま、両足を左右に大きく開きます。その後、息を吸いながらお腹を引き締め、背筋を伸ばします。息を吐きながら、上体を左にねじりましょう。

息を吸いながら、右手を右足のほうへと伸ばし、右足の内側を掴み、同時に左手は左足の太ももに添えます。息を吐きながら胸を天井に向け、左手を右足のほうへと伸ばしそのまま掴みます。体勢を維持しながら5回ほど呼吸をおこない、息を吸いながら最初の姿勢に戻ってください。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

東京で朝ヨガを体験できるスタジオ5選。駅チカで仕事前に通える。

世の中では、朝仕事の前に何かの活動をおこなう、朝活...

2019年07月04日, ヨガ

ヨガとストレッチの違いとは?体の柔軟性を高めて、リラックスを効果を得よう。

ヨガとストレッチ、どちらも体の筋肉を伸ばし、緊張を...

2019年07月04日, ヨガ

リラックスしたいときにはヨガ?3つのポーズで、心の癒しを。

毎日忙しい生活のなか、ストレスを発散させたいと思っ...

2019年07月04日, ヨガ