手の甲にあるツボとは?肩こりや腰痛、腱鞘炎を抑える効果も。

Siena編集部
公開, 更新 , ボディーケア & 治療

手の甲には、いろいろなツボがあります。腰痛や歯の痛みを解消したり、肩こりを改善する効果など嬉しいメリットがたくさん。ここでは代表的な手の甲にあるツボを紹介するので、覚えておいてセルフケアに活用してみましょう。

合谷(ごうこく)

合谷は、すべてのツボで最も効果が高いと言われている万能のツボです。もちろん症状にもよりますが、他のツボの効果を高める相乗効果も。合谷だけ刺激するのではなく、ほかのツボと組み合わせることでさらに高い効果を実感できます。

おもな効果としては肩こり、腰痛や歯痛など、痛みに対して有効です。場所は親指と人差し指の間で、少し人差し指側になります。押したときに強く響くような感覚があるので、それを参考に見つけましょう。

押し方

まず、合谷の位置を親指と人差し指で挟むようにして押します。ゆっくりと円を描くように20秒ほどかけて押し込んでいきましょう。押し込んだ後ゆっくり離す、を3セットほど繰り返してください。

合谷は少しの力で響くので、やさしい力で押すことがポイント。強く押してしまうと、その後に違和感が残る恐れがあります。

腰腿点(ようたいてん)

腰腿点は手の甲にあるにもかかわらず、腰痛の特効ツボです。実際に鍼灸師が施術する場合には、腰のツボと一緒に腰腿点を刺激して痛みを取り除いてくことが多くあります。セルフケアで押しやすいので、腰痛に悩んでいる人は積極的に刺激してみましょう。

腰腿点の場所は人差し指と中指の骨の間と、薬指と小指の骨の間の2か所あります。両方とも手の甲で骨の間を手首側になぞったとき、くぼみにはまる部分です。

押し方

まず、腰腿点に人差し指を当てます。2か所あるので1つずつ刺激してください。どちらからでも構いません。細かく円を描くように20秒ほど押し込んでいきます。押し込んだ後はゆっくり離す、を3セット繰り返しましょう。1か所押したらもう片方も同じように押してください。

腰腿点は正しく押せると響く感覚があるので、感覚をつかみながら押すのがポイント。

陽渓(ようけい)

陽渓は、腱鞘炎に効果的なツボです。場所は手を思いっきり開いたときに、親指の手首付近にできる2本の太い腱の間になります。

押し方

まず、陽谿に親指の先をあてます。細かく円を描くように20秒ほどかけて押し込んでください。押し込んだら離す、を3セットほど繰り返しましょう。

陽渓は、気持ち良いと感じるくらいの強さで押すのがポイント。とくに腱鞘炎の人は押すと痛みが強い場合があるので、力加減いは要注意。

中渚(ちゅうしょ)

中渚は歯の痛みに対して効果的ですが、頭痛にも有効なツボです。押すと強い響き感覚のあるツボなので、やさしく押すようにしましょう。場所は薬指と小指の間で、水かきの部分から指1本分くらい下がったところになります。

押し方

まず、中渚に人差し指の先をあてます。細かく円を描くように20秒ほど押し込みましょう。押し込んだら離す、を3セット繰り返してください。

関連する記事

胴長短足になる原因とは?視覚効果を利用して脚を長く見せる。

胴が短く、脚がすらっと長いスタイルは多くの人の憧れ...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

PMSで食欲が増えてしまう理由とは?上手にコントロールして、乗り越えよう。

PMSは、多くの女性が悩む悩み。生理前のホルモンバ...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

むくみを解消する飲み物。デトックス作用を高めるには、お茶が有効。

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいる、夕方になった...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療