大人の野菜嫌いを克服する方法とは?スープやジュースがおすすめ。

Siena編集部
公開, 更新 , 食事&生活習慣

野菜は嫌いで食べられない、という悩みは子どもだけでなく、大人にも抱えている人は多いはず。とくにピーマンやトマトなど、野菜特有の苦みや青臭さのある野菜は、嫌われる代表格です。

野菜には食物繊維、ミネラル、ビタミンなど体に必要な栄養素がたくさん含まれているので、摂取することで便秘や肌荒れなどのトラブルを解消する効果も期待できます。大人になっても野菜嫌いが直らない原因、野菜を食べられるようになる方法についておさえ、野菜のメリットを活かしましょう。

大人の野菜嫌いが直らない理由

子どものころから野菜が嫌いで、大人になっても克服できない、という人も多いはず。まずは、野菜を克服できない理由について考えてみましょう。

野菜の味や食感

野菜の青臭さや苦味、辛味が苦手の場合が多くあります。子どもの頃に食べにくかった野菜でも、味が改良され青臭さや苦味などが軽減されている野菜もあるので、再挑戦してみたら克服できた、というケースも。

野菜の形や見た目

野菜の色や形、調理をしたときの見た目などが苦手で、嫌いになっていることもあります。野菜の形が苦手だと、料理の中に嫌いな野菜が入っているだけで食べられない、という人も。

野菜に対するトラウマ

大人の野菜嫌いは、子どものときに野菜を食べて苦手だと感じたり、嫌な思いをしたことがトラウマになっていることも多いです。苦手意識を持つと、野菜を見るだけで嫌な思いが蘇って解消するのは難しく、そのまま食わず嫌いになってしまうことが多くあります。

大人の野菜嫌いを克服する、おすすめの方法

大人の野菜嫌いを直すには、どのような方法が効果的なのでしょうか。大人になると野菜嫌いの期間が長いので、克服するのに時間がかかるかもしれません。

しかし、野菜は健康維持のために大切な食材なので、諦めずに調理法を工夫するなどして野菜嫌いを克服しましょう。ここでは、おすすめの方法を紹介するので、取り組みやすいと思ったものから実践してみて。

野菜ジュースを飲む

生野菜の味が苦手という人は、野菜ジュースがおすすめ。野菜にフルーツやはちみつを加えると、飲みやすくなります。生の野菜やフルーツには新鮮な酵素が豊富に含まれており、すりおろして摂取することで酵素が外に出てくるので、効果的です。

自分で野菜を調理をしてみる

自分で野菜を調理すると、好みの味付けをして野菜が食べやすくなったり、彩りの良い野菜を使うことで視覚的にもキレイで美味しそうだから食べてみよう、という前向きに意識に変わることも。

ほかの食材に混ぜ込む

たとえばハンバーグの食材に野菜を混ぜ込むなど、野菜の形が見えないように調理することも有効です。野菜の存在感を薄めることで、野菜を気にせずに食べることができます。野菜を単体で食べようとしないことがポイント。野菜は満腹感が得やすいので、ダイエットをしたい人にも効果的。

毎日少量ずつ食べる

野菜を毎日少量ずつ食べてみましょう。フルーツジュースに少量の野菜を加えたり、野菜の形状が無くなるくらい加熱してスープにする方法がおすすめ。野菜を毎日食べることで、味や食感に慣れていくことが大切です。

関連する記事

温活でダイエットが成功する?体を温めるメリットとは。

ダイエットがうまくいかない、痩せたいのに痩せられな...

2019年07月04日, ダイエット

ランニングと水泳、消費カロリーはどちらが多い?両方おこなうことが望ましい。

ダイエットをするときに、水泳とランニングのどちらを...

2019年07月04日, 食事&生活習慣

アンチエイジングと食べ物の関係とは?抗酸化作用のある栄養素がカギ。

加齢とともに気になる老化は、見た目だけでなく体の機...

2019年07月04日, 食事&生活習慣