二の腕の細くするためのストレッチとは?筋肉を刺激して、脂肪を落とそう。

Siena編集部
公開, 更新 , 部位別ストレッチの方法

女性の悩みで多い、二の腕の太さ。細くするためには、筋肉を刺激することが最も大切なのですが、女性の場合そもそもの筋肉量が少ないため、二の腕の脂肪が落ちづらいのです。二の腕にピンポイントで刺激を与えるストレッチで筋肉を動かし、気になる二の腕を引き締めましょう。

ストレッチ方法の前に、二の腕が太くなる原因も知っておきましょう。日々の生活で予防可能な原因もあるため、自分の習慣を見直すことも大切です。

なぜ二の腕が太くなる?

脂肪が蓄積されやすい二の腕。筋力不足や姿勢によって、二の腕が太くなってしまうことがあります。

筋肉が刺激されにくい部位

女性の場合、二の腕は脂肪がつきやすい場所。また、筋肉の関係で落ちにくい場所でもあります。

生活の中で二の腕を動かしたり負荷をかけることはあまりないため、筋肉を刺激できず、筋力がつきにくいのが理由。筋トレといった方法でなければ筋力を増やすことが難しいため、脂肪は落ちず、どんどん蓄積されてしまうのです。

筋力不足

普段から筋トレや有酸素運動といった習慣がないと、筋力はどんどん低下。人間の機能は、20代を境にどんどん衰えてくると言われています。

脂肪を燃焼するためには、筋肉量は大切です。二の腕はもちろん、全身の筋肉をバランス良く鍛え、筋肉量を上げれば、脂肪が蓄積していくことを防いでいけるほか、脂肪燃焼も可能です。

腕がねじれてしまっている

重たいバッグを持っての移動やスマートフォンやパソコンの操作が原因で、腕にねじれが生じて、太くなっている可能性も。放っておくことで徐々に固まり、二の腕を太く見せてしまうだけでなく、肩こりや体のゆがみといった症状につながってしまうことも。

巻き肩になっている

デスクワークなどで長時間同じ体勢でいることも、二の腕を太くしてしまうことにつながります。とくに、パソコン操作が原因で肩が胸より前に出てしまう巻き肩の状態は、リンパの流れを妨げてしまうことに。そうすると、老廃物がきちんと流れず、むくみが起こってしまうほか、脂肪も溜まっていきます。

二の腕痩せにおすすめのストレッチとは?

二の腕の筋肉を刺激するストレッチです。肩周りの筋肉をほぐすものもあり、肩こりに効果的なものも。

腕をクロスさせてストレッチ

右腕を床に平行になるように前方に伸ばし、伸ばしたまま胸の前へ引きましょう。左腕を右腕のひじに下からクロスさせ、さらに胸へと引き寄せます。ゆっくり呼吸をしながら30秒キープしましょう。ゆっくりと筋肉をゆるめます。反対の腕も同様におこないましょう。

肩から上腕の筋肉を伸ばすイメージです。スポーツや筋トレの前にする一般的なストレッチ法で、パソコンやスマホで疲れたときにおこなうと疲労回復になり、リフレッシュできます。

肩と二の腕を伸ばすストレッチ

右手を頭の後方へ置き、背中のほうへ下ろしていきます。左手を右手のひじに添えて左側に引っ張り、右腕は下へ押し出します。呼吸をしながらゆっくりと30秒おこないましょう。反対の腕も同様におこなってください。背中が丸くならないように気を付けましょう。

パソコンやスマホなどで酷使した肩や腕の疲労回復に役立ちます。

上腕二頭筋のストレッチ

右腕をまっすぐ前方に伸ばします。床に平行、もしくはそれより少し上げます。伸ばした腕の手首を下に折り曲げ、手のひらが自分へ向くように。左手で右手の指を持ち、指先だけを胸のほうへ引っ張りましょう。上腕二頭筋に負荷がかかっていることを意識します。呼吸をしながら、30秒ほどおこないましょう。反対の腕も同様に。

ストレッチ感が足りないときは、四つ這いになり、手首を床について体重をかけておこなうのがおすすめ。ゆっくりと体重をかけ、気持ち良いところで止め、ゆっくりと戻します。

上腕三頭筋のストレッチ

右腕をまっすぐ前に伸ばします。腕の内側を上に向け、伸ばした腕の手首を下に折り曲げましょう。手の甲を自分に向けるイメージです。左手で右手の指を持ち、指先だけを胸のほうへ引っ張ります。上腕三頭筋に負荷がかかっていることを意識しながら呼吸をし、30秒程度おこなってください。反対の腕も同様におこないましょう。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

お尻のストレッチ法と、その効果とは?冷え性の改善にも有効。

イスに座りっぱなしの時間が長い人は、知らないうちに...

2019年07月23日, 部位別ストレッチの方法

柔軟性を高めるストレッチメニューとは?10分で全身をほぐそう。

体の柔軟性を高めるには、ストレッチが効果的です。ス...

2019年07月23日, 部位別ストレッチの方法

胸をストレッチして、猫背や肩こりを改善しよう。

胸の筋肉は、意識しないとなかなかストレッチできない...

2019年07月23日, 部位別ストレッチの方法