ジムでつける下着とは?スポーツ用の下着を着用すると安心。

Siena編集部
公開, 更新 , ジム

ジムに通うとき、どんな下着をつければ悩んでいる女性は多いはず。Tシャツから透ける、下着のラインが気になる、などといった悩みが代表的です。ここでは、ジムでの運動におすすめな下着について紹介していきます。

ジムでの運動におすすめの下着とは?

ジムでトレーニングするとき、基本的にはスポーツウェアなど動きやすい服装に着替えます。下着も同様に、締め付けが強すぎず、汗の吸収性や速乾性に優れているスポーツ用の下着を選ぶのがおすすめです。

汗をかいても不快ではないので、トレーニングに集中できるのがメリット。運動中に違和感を感じないためにも、体にフィットして動きやすいスポブラを選ぶようにしましょう。

ブラは、スポーツブラがおすすめ

トレーニング前にわざわざスポーツブラに着替えるより、普段つけているブラで運動したい、と考えている人がいるかもしれません。長時間の運動をするとき以外は普段のブラでも支障はないと思われがちです。

しかし、マシンを使うときにホックやワイヤーなどの金具があたって皮膚を傷つけてしまったり、ランニング中に肩紐が落ちてきて集中できない、などトレーニングの妨げになる場合があります。

スポーツブラは運動を前提として作られている分、汗を吸い取る機能や動きやすさが備わっているので、トレーニングにピッタリです。

スポブラは洗濯しやすい

スポブラにはワイヤーなど体を傷つける部品がなく、カップの型崩れを心配する必要がないので、気兼ねなく洗濯できます。

普段使いのブラだとレースや飾りがついた凝ったデザインが多く、染み込んだ汗が十分に洗いきれず汗の臭いが残ったり、きれいな形のカップが洗濯機の衝撃によって崩れやすくなってしまいます。

ショーツは、ゴムの入っていないものがおすすめ

ゴムが入っているショーツだと、パンツを履いたときにラインが気になってしまいがち。男性のボクサータイプのような1分丈のショーツは、お尻に下着のラインが出にくく、捲れ上がってくる心配もありません。

また、ダンス用のアンダーウェアやスポーツタイプのTバックもラインや食い込みを気にすることなく、トレーニングに集中できます。

レギンスだけ履く人も

海外っぽい着こなしがしたい、という人の中にはショーツを履かずにレギンスだけ着用する人も多いです。もちろん、Tバックを履いてからレギンスを履く人もいます。

レギンスを履くメリットは、マシンに引っかかる心配が不要な点と、体型変化に気づきやすい点。体型に自信がない、お尻が大きくて気になる、という人は大きめのTシャツがおすすめです。お尻まで隠れる丈を選ぶと、美脚効果も狙えます。

汗で下着が透けないための対策法

ジムでの醍醐味の1つは、動いて気持ちよく汗をかくこと。しかし、汗で下着が透けたらどうしよう、という心配も。基本的に濃い色の下着と、薄い色や汗を吸って透けるタイプのトップスを合わせると下着が透けやすくなりがち。

そのことからも、スポーツブラを着用している女性が多くいます。スポーツブラなら見えてもOK、むしろ見せている女性もたくさんいて、周りを不快にさせない程度の服装なら肯定的に捉えている人が多いようです。

おすすめのジム施設・スタジオ

カーブス

展開エリア:全国, 店舗数:1971件

ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス )

展開エリア:, 店舗数:614件

P-spots

展開エリア:, 店舗数:511件

関連する記事

ジムに持って行くべき飲み物。目的に合ったものを飲んで、体を鍛えよう。

ジムに通って運動をしても効果がなかなか得られない、...

2019年07月04日, ジム

仕事帰りにジムに通うときのコツとは?楽しく続けよう

「職場にジム用の荷物を持っていくのは大変だけど、い...

2019年07月04日, ジム

ジムのダイエット効果とは?週2~3日、適切なメニューをこなそう。

健康的にダイエットするために、ジムに通おうと考えて...

2019年07月04日, ジム