ジムでの着替え。荷物を減らす工夫で、ジム通いを楽しく続けよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ジム

ジムでのトレーニングを効率よくするために欠かせないのは、体にフィットしたスポーツウェアです。ジムに持っていく物はかさ張りがちなので、着替えを少なくしたい、と考えている人も多いはず。着替えが面倒でジム通いが続かなかった、というケースもあります。

ここでは、気持ちよくジム通いを続けるために、必要な着替えの知識を抑えておきましょう。

ジムに行くときに持って行く着替え

ジムに向かうまで普段着や仕事着だった場合は、更衣室でトレーニングウェアやTシャツに着替えることに。そこで、私服からトレーニングウェアに着替える想定で、着替えをリストアップすると下記のようになります。

  • トレーニングウェアや動きやすい服装
  • 替えの下着(必要に応じて)
  • トレーニング用の靴下
  • トレーニング用のシューズ

普通のTシャツでも運動できますが、速乾性や吸水性に優れた素材のTシャツを選んでおくと、トレーニングに集中しやすくなります。パンツも同様にスポーツ用がおすすめ。

忘れがちなのが、トレーニング用の靴下です。おしゃれ用の靴下のままトレーニングすると、靴下が傷みやすくなってしまうだけでなく、丈が合わずに見た目が変になってしまったり、シューズの中で滑りやすくなって危険。ジム用の靴下を必ず持っていきましょう。

荷物を減らすためには、圧縮袋に入れてコンパクトにしておくのがおすすめ。くるくると丸めるとコンパクトに収納できます。また、普段着の中に着れる場合はあらかじめ着用しておくと荷物の削減に。

ロッカーをレンタルできるジムも

ジムの中には、ロッカーを月額の料金を払って借りられるジムもあります。とくにシューズはかさ張りがちなので、荷物を最小限にしたい人はロッカーのレンタルを検討してみるのもおすすめ。

着替えるときのマナー

周りの人たちがどのようにロッカールームを使っているか観察し、合わせることも大事ですが、あまりジロジロ見てしまうと相手に不快感を与える恐れがあるので注意しましょう。

ロッカールームではロッカーの扉を盾にするようにして、サッと着替える人が多いです。人前で裸になることに抵抗のある人は、事前にスポーツウェアや水着を服の下に着たうえでジムに行くと、精神的なストレスが少なく済みます。

トレーニング後の着替え

私服でジムに来た場合、着てきたものを着て帰ることが多いですが、下着は新しいものを持って行くと清潔で気持ちよく過ごせます。

汗をかいたままにしておくと、肌のコンディションにも影響を与えてしまうので、

シャワーに入らずに帰る場合は、極力タオルで汗を拭いて上着を着て冷えて風邪を引かないように気を付けてくださいね。電車やその他の公共機関を使う際は汗の臭いをケアのケアも忘れずに。

運動後のウェアは袋に入れて持ち帰る

汗を吸ったウェアをそのままバックに入れてしまうと、ほかの物を濡らしてしまったり、汗の臭いがついてしまう恐れがあるので、ビニールなど水を通さない素材でできた袋を持っていきましょう。

着替えのインナーや全身を拭くためのタオルが入るような、大きめのビニール袋がおすすめです。

持ち帰ったウェアは汗を含んでいるので、臭いやカビを防ぐためにはすぐに洗濯しましょう。速乾性の良いウェアやスポーツブラであれば洗濯も簡単です。替えが2~3セットあれば毎日のローテーションもしやすくなります。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

カーブス

展開エリア:全国, 店舗数:1970件

ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス )

展開エリア:, 店舗数:614件

JOYFIT(ジョイフィット) 24

展開エリア:, 店舗数:238件

関連する記事

仕事帰りにジムに通うときのコツとは?楽しく続けよう

「職場にジム用の荷物を持っていくのは大変だけど、い...

2019年07月04日, ジム

ジムのダイエット効果とは?週2~3日、適切なメニューをこなそう。

健康的にダイエットするために、ジムに通おうと考えて...

2019年07月04日, ジム

都内のイケメンが多いジム9選。毎回ウキウキで楽しく通える。

ジムに通うモチベーションの維持が難しい、と感じてい...

2019年07月04日, ジム