テニスのトレーニング法とは?効率良く上達できる練習法を紹介。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

テニスではさまざまな筋肉を使い、予期せぬ場面でも素早く動けるようにしておくことが重要です。そのためには、しっかりとトレーニングをすることが重要。がむしゃらにボールを打つだけでなく、試合の場面を想像したトレーニングを積み重ねると、上達に近づきます。

ここで紹介する効果的な練習法やトレーニング法を取り入れて、効率よく技術力をアップしましょう。

スプリットステップを踏む

テニスにおいては、反応の速さが重要です。素早く反応できれば、ボールが飛んだ方向に早く対応できるので、ボールをとれる範囲も広がります。

反応を素早くするうえで有効なのが、スプリットステップ。スプリットステップとは、相手がボールを打った瞬間に軽くジャンプして、次のボールへの反応の速度を速める方法です。

いちいちジャンプすることを意識していると、打つ方がおろそかになってしまうので、練習中から無意識でおこなえるようにトレーニングしましょう。

ボレストでラリー力を養う

テニスの試合では、ストロークをつなげる(ラリーをする)ことが大切。しかし、普通にラリーをしているだけでは慣れてしまい、いざ試合になったとき鋭いボールに反応することができなくなります。

そこで、効果的なのがボレスト。ボレー&ストロークの略で、片方がボレー、もう片方がストロークをおこない、ラリーをします。ボレー側にとっては、ボレーの練習になり、シングルスとダブルスの両方に対応することが可能に。

ストローク側はボールが返ってくるスピードが早いので、反応の練習や鋭いボールへの対処力が上達します。また、ボレー側のどこを狙えばいいのか考えながら打つ練習としても効果的です。

4点サーブで試合を有利に進める

テニスの試合において、まずはサーブが入らないと始まりません。テニスの試合はサーブのゲームをキープして進めていくのが一般的です。なんとなくサーブを入れる練習をしていては、効率的な上達にはつながりません。

4点サーブは、サーブを狙う位置を自分で4点決めて、その場所に順に打っていくトレーニング方法。決めた場所にマーカーなどを置くと、狙いやすさがアップするのでおすすめ。サーブを打つときどうやって狙うか、どの場所を狙うのが自分は苦手なのか理解するうえでも役立ちます。

慣れてきたらフラット、スピン、スライスなどのサーブの種類を使い分けて4点を狙ってみましょう。

自分の動画を撮る

テニスの練習をするとき、プロの動画を見て練習をする人も多くいます。もちろん効果的ですが、それ以上に効果があるのが自分の練習を動画で撮ってしっかりと振り返ることです。

自分が打っている姿を見ることで何が苦手なのか、どこが上手い人と違うのかを比べることができ、同じミスを減らすことができます。また、自分の欠点を見つけて、何を重点的に練習するべきなのか考えるためにも有効です。練習のたびに動画をとって、その日の反省をするようにしましょう。

関連する記事

運動は毎日するべき?続けるために大切なのは、目的別に日数を調整すること。

運動不足解消やダイエット、健康目的など、運動を始め...

2019年07月04日, 運動&ジム

初心者でもわかるジムのバイクの漕ぎかた。あなたの漕ぎかたは合ってる?

ジム初心者の人にとって、ジムに置いてあるバイクは使...

2019年07月04日, 運動&ジム

パーソナルジムは高いけど効率的。気になるメリットとチェックするポイントとは。

近頃、健康や美容のためにジムに通う人が増えてきてい...

2019年07月04日, 運動&ジム