アンジャネーヤーサナ(三日月のポーズ・ローランジ)とは

Riko
公開, 更新 , ヨガポーズ

アンジャネーヤーサナは、全身を使った大きな動きが特徴のポーズ。体の筋肉をバランスよく強化していくことができます。「三日月のポーズ」や「ローランジ」と呼ばれることもあります。名前の由来になっているアンジャネーヤとは、インド神話で言い伝えられる猿族の神ハヌマーンの別名です。

効果

アンジャネーヤーサナ(三日月のポーズ・ローランジ)は、骨盤などのゆがみや女性特有の不調を改善、また疲労回復にも効果が期待できます。また、太ももや脚の付け根、腹部や肩、首などさまざまな部位の可動域を広げ、筋力アップの効果も。

ポイント

体が硬くてポーズがうまくおこなえない場合は、股関節や脚の付け根を伸ばしておきましょう。また胸を広げるストレッチもおこない、上半身の柔軟性もあげておくことが大事です。

アンジャネーヤーサナのやり方

1.アドームカシュヴァーナーサナから始める

四つん這いの状態から、息を吐きながら右足を両手のあいだに置きます。右ひざとかかとが同じラインにくるよう角度を調整しましょう。左脚は後ろへ伸ばし、左足の甲は床につけてください。左脚の太もも前方と脚の付け根が、ストレッチされていると感じるまで背中をまっすぐ持ち上げます。

2.骨盤から上体をまっすぐ立てるのがポイント

息を吸いながら両腕を広げ、外側から上に伸ばしていきます。尾てい骨を床へと下げ、恥骨をおへそへと上げるようなイメージで、背中から腰を真っ直ぐに伸ばすのがポイント。肩甲骨同士を寄せ、胸を開くように引き上げましょう。

3.終わりまでしっかりと呼吸を意識しよう

首の後ろが圧迫されない程度に頭を後ろに引き、目線を上に。指を天井のほうへ伸ばして、そのまま1分キープしましょう。

元の姿勢に戻る際は、息を吐きながら右太もものほうに上半身の体重をかけ、両手を床につきます。呼吸を整えたあと、息を吐きながら左ひざを床から離し、再び四つん這いの状態へ戻ってください。反対の脚でも同じようにおこないましょう。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

関連する記事

ヴァシシュターサナ(横向きの板のポーズ)とは

ヴァシシュターサナは、プランク・ポーズ(板のポーズ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

マラーサナ(花輪のポーズ)とは

マラーサナは、女性におすすめのポーズ。骨盤底筋の強...

2019年07月04日, ヨガポーズ

マルジャリャーサナ(猫のポーズ・キャットアンドカウ)

マルジャリャーサナは、ヨガの代表的なポーズの1つで...

2019年07月04日, ヨガポーズ