ガルーダーサナ(鷲のポーズ)とは

Riko
公開, 更新 , ヨガポーズ

ガルーダーサナは、片足でバランスを取るポーズ。大きな動きはありませんが、バランス感覚の向上やふくらはぎ、足首の強化に役立ちます。別名「鷲のポーズ」と呼ばれています。鷲が木に止まっている姿に似ていることが名前の由来になっています。

効果

脚全体のストレッチが可能。なかでも、足首とふくらはぎが強化できます。股関節や肩、背中のストレッチ効果も期待できるポーズ。片脚でバランスを取るため、バランス感覚も養え、集中力を上げることもできます。

注意

ひざを痛めている人や何らかの疾患がある場合は、おこなわないでください。脚を絡めることが難しい場合は、上げている足の親指で床を押してバランスを取るなど、無理せずポーズを取りましょう。

ガルーダーサナのやり方

1.まず足を絡める

タダーサナ(山のポーズ)で立ち、ひざを少し曲げて左脚を持ち上げます。右脚でバランスを取りながら、左の太ももを右の太ももに重ねて、左足の甲を右足のふくらはぎへ絡めてください。

2.腕を絡める

腕を前に伸ばし、床と平行になるようにまっすぐ保ちます。背中を広げ、右腕が上にくるように腕を交差させてください。ひじを曲げて、手の甲を合わせましょう。そのあと、右腕を左腕に絡めるようにして手のひらを合わせてください。

3.呼吸をしながらキープ

ひじを顔の近くまでゆっくりと上げ、天井のほうへ指を伸ばします。上半身を前に倒し、15~30秒キープ。前に倒れる体勢がつらい場合は、上半身は倒さなくても構いません。

元に戻る際は、絡めていた手と脚をゆっくりと戻し、タダーサナへと戻ります。腕と脚を変え、繰り返しおこないましょう。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

ヴァシシュターサナ(横向きの板のポーズ)とは

ヴァシシュターサナは、プランク・ポーズ(板のポーズ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

バーラドヴァージャーサナI(賢者のポーズ)とは

バーラドヴァージャーサナIは、上半身をねじるポーズ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

クラウンチャーサナ(鷺/サギのポーズ)とは?

クラウンチャーサナは、下半身を中心にストレッチ効果...

2019年07月04日, ヨガポーズ