バッダコナーサナ(合せきのポーズ)とは

Riko
公開, 更新 , ヨガポーズ

バッダコナーサナは、股関節の柔軟性を高めるのに最適なポーズ。別名「合せきのポーズ」と呼ばれています。ヨガの代表的なポーズの1つで、足の裏を合わせるだけで複雑な動きもないため、初心者でも気軽におこなえるポーズの1つです。

効果

太ももの内側から付け根、ひざのストレッチ効果が期待できます。また、疲労の軽減や女性特有の不調を緩和することも可能。内臓機能や心臓の活性化や血液循環が促進される期待も。股関節の柔軟性が上がります。

注意

脚の付け根やひざに痛みがある場合は、少し高さを出したブランケットに太ももの外側を乗せておこなってください。ひざを床につけることが難しい場合も同様に、少し高さのあるブランケットを使用し、その上に座っておこなってみましょう。

バッダコナーサナのやり方

1.かかとを骨盤に寄せる

両脚を前に伸ばして座ります。足の裏を合わせたら、息を吐きながらかかとを骨盤のほうへ引き寄せましょう。できるだけかかを骨盤に近づけ、足首、もしくはすねを掴んでください。

2.力を抜いて背筋を伸ばす

骨盤を立て、背中をまっすぐ伸ばし安定させ、上半身前側を胸の上まで引き上げるイメージで伸ばしたら、ゆっくりと股関節から折るように上半身を倒します。ひざを無理に床へ押し付けず、太ももの付け根あたりを床へ向かって力抜いてみましょう。

3.ゆっくりと筋肉を伸ばすイメージで

上半身を前に倒す際、背筋は丸めずにまっすぐ保ちます。そのまま1~5分ほどキープしましょう。息を吸いながらひざを床から離して脚を広げ、ゆっくりと元の体勢に戻ります。

関連する記事

シャバーサナ(屍のポーズ/亡骸のポーズ)とは

シャバーサナは、ヨガレッスンの合間や最後に良く取り...

2019年06月11日, ヨガポーズ

マッツヤーサナ(魚のポーズ)とは

マッツヤーサナは、背中と首の筋肉を刺激することがで...

2019年06月12日, ヨガポーズ

パリガーサナ(門のポーズ・かんぬきのポーズ)とは

パリガーサナは、体の側面を効果的に伸ばせるポーズ。...

2019年06月12日, ヨガポーズ