野球で起こりやすい怪我とは?インナーマッスルを鍛えて怪我予防。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

野球は、子どもから大人まで幅広い年代に愛されるスポーツの1つです。今から始める人だけでなく、大人になってから再び野球をする人も多いはず。野球に限らず、スポーツには怪我がつきものです。野球で起こりやすい怪我について理解を深めておくと、予防にもつながります。

野球で起こりやすい怪我とは?

野球に多い怪我は、野球肘、野球肩、腰痛、腱板損傷などが代表的です。野球肘は投球の動作で肘に負担がかかるため、痛みや腫れを伴う怪我。悪化すると骨折につながることもあります。

野球肩は投球フォームの悪さ、投げすぎることで起こる関節の障害で、肩の使い過ぎや負担のかかりやすいフォーム、準備運動の不足などが原因。野球肘・野球肩ともにピッチャーに多く見られます。

また、攻守ともに腰を激しく使う野球の特性上、腰まわりの筋肉や関節の組織を損傷しやすく、それが腰痛となって現れることも多いです。そのほかにも、肩を安定させる組織の腱板が怪我や加齢、使い過ぎにより少しずつ擦り減り、損傷してしまう腱板損傷場が挙げられます。

怪我を予防する方法とは?

野球の怪我や故障は外から見てすぐに分かるものばかりではなく、徐々に悪化していく場合も多いです。悪化すると野球を続けられなくなってしまう恐れも。

もっと上を目指したい、ライバルに負けたくないと焦って無理に頑張ってしまった結果、体を壊して野球を続けられなくなっては意味がありません。長く野球を楽しめるように、事前の予防法を怠ることなく実践しましょう。

ストレッチをしっかりする

事前にしっかりとストレッチをしておくことで、体の部位への負担を減らすことが可能です。体の曲げ伸ばしがしっかりできるか、動かしにくい部位がないかなど、体の状態をチェックできるので少しの異変にも気づきやすくなります。

インナーマッスルを鍛える

野球ではインナーマッスルを鍛えることが、怪我の予防に有効です。インナーマッスルを鍛えると、肩関節が安定しボールの速度アップにもつながります。

インナーマッスルを鍛えるには、ゴムチューブを使ったトレーニングがおすすめ。100円ショップでも購入できます。自分に合った強度のチューブで練習することがポイントです。

方法は、足を肩幅に開き、チューブの端をボールを投げる方の手で持ちます。チューブの長さは膝の位置に調整し、たるませてください。投球する側と反対の足で、たるませたチューブを踏み、チューブを持ったまま姿勢を真っ直ぐに保ちます。

肘と手首を曲げずに3秒かけて30度腕を上げてください。少し前方に動かすイメージでゆっくり上げたら、3秒かけて戻しましょう。この動作を30回を目安に繰り返してください。

痛みがでたら安静にする

とくに肩の場合は少しでも痛みが出たら、すぐに中止し安静にすることが大切です。野球肩では投球した直後には炎症が起こっているので、アイシングでしっかりと冷やす必要があります。

症状が重い場合は医療機関で診察を受けるようにしましょう。怪我をしてしまうと半年~1年間は投げられなくなり、重症の場合は手術を受けなければならないこともあります。肩を壊してしまうとボールを投げることができなくなってしまうので、無理は禁物です。

関連する記事

快適なジム通いのために。体験で確認すべきポイントは、客層と清潔さ。

近年、ジムに通う女性も多くなり、珍しいものではなく...

2019年07月04日, 運動&ジム

リラックスするためのストレッチ方法とは?続けることで、疲労回復の効果も。

日々の仕事や家庭、人間関係のストレスから解放されて...

2019年07月19日, 運動&ジム