ヨガで股関節の柔軟性を上げよう。原因やメリット、効果的なポーズとは?

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガで身体の部位をケア

股関節の柔軟性を上げるために、ヨガのポーズが効果的です。股関節周りの筋肉にアプローチできるポーズもあるため、ストレッチよりも効果的に股関節周りをほぐすことが可能。また現在ヨガをおこなっている人は、股関節の柔軟性を上げることでポーズもおこないやすくなるため、積極的に柔らかくしていきましょう。

股関節の柔軟性を上げるポーズには、どういうものがあるのでしょうか?股関節が固い原因や柔軟性を上げるメリットも合わせて知っていきましょう。

股関節が固くなってしまう原因とは?

体を動かさないことは、股関節が固い大きな原因。座っている時間が長いと、股関節を曲げたままの体勢で長時間いることになり、股関節がどんどん固まっていきます。また足を組んだり背中を曲げたりと、楽な姿勢のまま股関節を同じ状態に固定してしまうことで、ゆがみにもつながっていきます。

またほかにも、股関節は体重を支えているため、その周りにある筋肉は常に緊張している状態ということも、股関節が固い理由の1つです。

股関節の柔軟性を上げるメリットとは?

股関節の柔軟性を上げることは、ゆがみの改善やむくみ解消などさまざまなメリットがあります。また、可動域が広がるため日常生活が楽に過ごせるようになるというメリットも。

姿勢が良くなりスタイルアップ

股関節の柔軟性を上げることで、ゆがんだ骨格を整えやすくなるため、姿勢の改善へとつなげていくことができます。股関節からしっかりと筋肉をほぐせることで、両足の長さが揃うといった効果の期待も。

また、ゆがみを解消することで体のバランスが取りやすくなるため、スタイルアップも期待できます。

老廃物を流す

股関節付近にはリンパが集中しているため、股関節周辺の筋肉をほぐすことで老廃物を積極的に流していくことができるように。そうすると、むくみが徐々に解消されていきます。

疲労回復やアンチエイジングも

リンパが正常に流れることで、むくみ解消だけでなく、疲労がすぐ回復できるようになったり、細胞の代謝を促進させるために必要な成長ホルモンが分泌されるようになったりといった効果も期待できます。代謝が促進されることでターンオーバーが正常に機能するため、アンチエイジングや老化防止の効果の期待も。

股関節の柔軟性を高めるヨガポーズとは?

股関節の柔軟性を上げるためには、骨盤や股関節を効果的に動かすヨガポーズが最適。痛いときは無理せず、徐々にほぐすことを意識しましょう。

合せきのポーズ

足の裏を合わせて座ります。つま先を持ち、かかとは体へと引き寄せましょう。ひざはできるだけ床に近づけてください。鎖骨を広げ、肩甲骨を寄せます。骨盤を立て、太ももの付け根を外側に旋回させ、そのまま背筋を反らさないようまっすぐに伸ばします。

そのまま自然な呼吸を繰り返しましょう。

戦士のポーズ1

足の裏をしっかりとマットにつけて立ちましょう。両手を腰にあて、左足を後ろへ大きく引いてください。左足と右足がまっすぐ一直線になるよう調整し、左足はかかとを軸にしてやや外側へと開きましょう。

息を吐きながら、右ひざを90度に曲げ、足の真ん中に重心がくるようにバランスを取ります。骨盤は正面を向き、しっかりと立ててください。息を吸いながら、目線は正面のまま天井へ向かって両手を上げます。かかとが上がらないように、しっかりとマットを踏み込んでください。

この状態で姿勢をキープし、呼吸を3回繰り返しましょう。反対側も同様におこないます。

花輪のポーズ

肩幅よりやや広めに両足を開いて立ちましょう。足の指を開いて、しっかりと床を押します。息を吐きながら上半身を前に倒し、両手を両足の前についてください。このとき、ひざは曲がっていても構いません。足の裏を伸ばしましょう。

息を吸いながら背筋を伸ばして、ひざを軽く曲げます。同時に頭を起こしてください。息を吐きながら腰を下ろし、背筋を伸ばします。足を開いたまましゃがんだ姿勢になりましょう。両手を胸の前で合わせ、ひじで足を外へと押し、股関節を開いていきます。

そのまま3回ほど呼吸を繰り返してキープ。

英雄のポーズ2

しっかりと足の裏を床に押し付けて立ちます。右足は横に、左足は正面よりやや内側に、大きく足を開きましょう。同時に、床と並行になるよう肩の高さまで両手を上げます。おへそを背骨のほうへ押すようにお腹に力を入れていきます。

息を吐きながらゆっくりと右足を曲げ、ひざを90度にしましょう。目線は指先を見て、左右の腕をひっぱり合うようにイメージしながらキープ。そのまま呼吸を3回繰り返しましょう。反対側も同様に。

股関節を痛めないために正しいヨガポーズをすることが大切

股関節は、柔軟性を上げることで日常生活も楽になりますが、筋肉をほぐしたりゆがみを整えたりするには、継続してヨガや股関節周りのストレッチなどをおこなうことが大切です。

またヨガポーズの場合は、正しいポーズを取ることも重要。間違ったポーズのまま続けてしまうと、効果的に筋肉をほぐすことができないだけでなく、ゆがみも改善されません。場合によっては、股関節を痛めてしまう可能性もあります。

ヨガ初心者は、しっかりとやり方やポイントを押さえた上でポーズをおこなうようにしましょう。

ヨガスタジオに行って、正しいポーズを教えてもらおう

ポーズが不安なヨガ初心者の人は、まずスタジオに通ってインストラクターからていねいにポーズをレクチャーしてもらうのがおすすめ。大手のヨガスタジオLAVAは、会員の8割以上が未経験から始めている大手のヨガスタジオ。初心者でも楽しめるビギナー向けのレッスンが揃っています。

またホットヨガは体を温めながらおこなうため、常温よりも柔軟性が上がりやすくなるというメリットも。正しいヨガポーズとスタジオの環境で、効果的に股関節の柔軟性を上げることができます。

LAVAを予約(公式サイト)

おすすめのヨガ施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

関連する記事

ヨガで膝が痛い?原因と対処法3選:橋や弓のポーズに注意!

最近、美容や健康目的で若い人からお年寄りまで、ヨガ...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア

首のこりはヨガで治そう。原因を根本から解消して、痛みを和らげる。

首が痛いと感じてしまうと、なかなかほかのことに手が...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア

ヒップアップ効果のあるヨガのポーズとは?お尻周りの筋肉を鍛えよう。

きれいな小さいお尻に憧れる女性は、ヨガのポーズで無...

2019年07月23日, ヨガで身体の部位をケア