パリガーサナ(門のポーズ・かんぬきのポーズ)とは

Riko
公開, 更新 , ヨガポーズ

パリガーサナは、体の側面を効果的に伸ばせるポーズ。ヨガの代表的なポーズの1つで、複雑な動きがなく難しい体勢にもならないため、初心者でも気軽におこなえます。別名「門のポーズ」や「かんぬきのポーズ」と呼ばれています。

効果

上半身と背骨、太ももを効果的に伸ばしていくことができるポーズのため、広い範囲でストレッチ効果が期待できます。腹部や骨盤周辺の筋肉も伸ばすため、お腹周りを引き締めたいときに効果的です。また、内臓機能や肺の機能を活性化させることも可能。

注意

ひざの痛みといった症状や何らかの疾患を抱えている場合は、椅子に座ってポーズをおこなうようにしましょう。

パリガーサナのやり方

1.左右の脚を正しい向きに

ひざまずき、右脚を右に伸ばします。右足のひざが天井を向くように、脚をやや外側へ向けましょう。左ひざは腰の真下にくるように調節し、太ももが床と直角になるように立てます。左ひざと右足のかかとを同じラインに調整してください。

2.手は平行に

息を吸いながら腕を横に伸ばし、床と平行に保ちましょう。手のひらは下を向けてください。

3.上半身を後ろに倒さないように

右足のほうへ体を曲げ、すねもしくは足首に右手を下ろします。可能ならば、右足の外側に手を下ろしましょう。息を吸いながらゆっくりと左手を肩のほうへ上げていき、左耳の後ろまで伸ばしていきます。

上半身が傾きやすいため、腰が後ろに倒れないように注意。そのまま30秒~1分キープします。

戻るときは、息を吸いながら起き上がって、上半身を垂直に。右ひざを戻し、脚を反対にして同じ手順で繰り返しおこないましょう。

関連する記事

ウールドゥヴァハスターサナ(手を上にあけ?るポーズ)とは

ウールドゥヴァハスターサナは、太陽礼拝に含まれるポ...

2019年06月11日, ヨガポーズ

パリヴルッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)とは

パリヴルッタトリコナーサナは、三角のポーズにねじり...

2019年06月11日, ヨガポーズ

マッツヤーサナ(魚のポーズ)とは

マッツヤーサナは、背中と首の筋肉を刺激することがで...

2019年06月12日, ヨガポーズ