ヴルクシャーサナ(木のポーズ)とは

Riko
公開, 更新 , ヨガポーズ

ヴルクシャーサナは、ヨガの代表的なポーズ。片脚立ちでおこないます。女性特有の不調を改善したいときにおすすめです。初心者でも気軽に取り組める、一見簡単なポーズに見えますが、高いバランス感覚と安定してキープするための筋力が必要です。別名「木のポーズ」と呼ばれています。

効果

肩や胸、脚のストレッチ効果が期待できます。太ももやふくらはぎ、足首、背中といった筋肉、また体幹を強化することも可能。血行促進も期待できるため、むくみの解消にもつながります。バランス感覚を養えるのはもちろん、集中力の向上、ストレスの緩和といった効果の期待も。

注意

頭痛の症状がある人や血圧に問題がある人は、腕を頭の上まで伸ばさず、胸の前で手を合わせたままキープしておこないましょう。

ヴルクシャーサナのやり方

1.バランスを取りながら

タダーサナ(山のポーズ)から始めます。左脚に少しだけ体重を乗せましょう。右ひざを曲げ、右手で足首を持ちます。持ち上げた右足は、左太ももに足裏をつけてください。かかとを脚の付け根、つま先を床に向けましょう。骨盤の真ん中が左足の真上になるようバランスを取ります。

2.骨盤をまっすぐに

骨盤に両手を置き、骨盤の位置が床と平行に、また正面を向くように調整します。尾てい骨を床へ伸ばしていくイメージで腰を安定させましょう。

3.自然な呼吸を続ける

両手を合わせ、ゆっくりと上に伸ばしていきます。視線はまっすぐ、遠くを見つめるようにしましょう。そのまま30秒~1分ほどキープ。息を吐きながらゆっくりと腕と足を下ろし、タダーサナに戻ります。

左右の脚を入れ替えて、繰り返しおこないましょう。

関連する記事

アルダチャンドラーサナ(半月のポーズ)とは

アルダチャンドラーサナは、足や腕の筋肉を強化・スト...

2019年06月11日, ヨガポーズ

クラウンチャーサナ(鷺/サギのポーズ)とは?

クラウンチャーサナは、下半身を中心にストレッチ効果...

2019年06月11日, ヨガポーズ

エーカパーダラージャカポターサナ(片足の鳩のポーズ)

エーカパーダラージャカポターサナは、難易度の高いポ...

2019年06月12日, ヨガポーズ