ボクシングのダイエット効果とは?ジムに通ってストレス解消しよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ボクシング・キックボクシング

ボクシングは男性がおこなう格闘技、というイメージを持っている人も多いはず。実は水泳に次ぐ消費カロリーの高い運動で、ダイエットエクササイズとして女性の間でも流行しています。

今では女性のボクシング専用ジムも増え、男女問わず親しみやすくなったボクシング。ダイエットやシェイプアップ、体力を向上させる効果があるだけでなく、ストレス発散にもなり、現代の社会人にはとてもおすすめのスポーツです。楽しみながら、全身をまんべんなく鍛えたい人にもピッタリ。

ボクシングの効果は?

ボクシングは健康的なボディメイクにおすすめのスポーツです。ここではボクシングで得られる効果について、理解を深めていきましょう。

体を引き締める、ダイエット効果

ボクシングは消費カロリーの高い全身運動です。有酸素運動や筋力トレーニングに加え、パンチをおこなったりする動きは無酸素運動なので、有酸素運動と無酸素運動を効率よくおこなえるメリットがあります。ダイエット効果を得るには、効率の良いトレーニングです。

全身の筋トレと有酸素運動のバランスが良く、継続すれば自然と体を引き締めることが可能に。常に動きながらパンチを繰り返すので、腕や足の筋肉だけでなく、体幹も鍛えることができます。ボクシングのステップや動きはウエストや脚の引き締めにも効果的です。

ボクサーは減量のプロフェッショナル。よりダイエット効果を狙う人はボクシングのジムに通って、トレーナーから食事方法についての指導を受けましょう。プロから得られる知識でより一層ダイエットが効果的なものになるはず。

ストレス発散効果

普段、思いっきりパンチやキックをする機会は多くありません。非日常的な動きに最初は慣れないかもしれませんが、ストレス発散になること間違いなし。仕事やプライベートで溜まったストレスを思いっきり発散しましょう。

ストレスが溜まると、やけ食いや飲酒に走りがちという人も、ボクシングジムでストレスを解消すれば、ダイエットをスムーズに進められるはず。

基礎体力を向上させる効果

激しいトレーニングのため、肺の機能も向上し体力がつきます。また、筋力をつけながら効率的に脂肪を燃焼することができるので、代謝アップにも効果的。さらに、疲労が溜まりやすい人にとっては体力が向上することにより、疲れにくい体を作ることができるのもポイントです。

体力をつけ、代謝を上げることで、疲れにくく痩せやすい体を目指しましょう。

デトックス効果

全身を動かすため、普段汗をあまりかかないという人でも、たくさんの汗をかくことができます。体内の老廃物が排出されデトックスになり、毛穴の詰まりや汚れが解消されることで美肌効果も。

ボクシングでダイエットをするときのポイント

ボクシングをすることでダイエット効果を感じたい、と考えている人は多いはず。

ボクシングのみをする場合、短期間で結果を出すのは難しいこともあります。リバウンドをせず痩せるためには、長期的な計画を立てて食事や睡眠にも気をつける必要があるからです。最低でも3か月は粘り、継続しながら効果を見てみましょう。

また、ボクシングジムに通わず、ボクササイズなどのDVDを購入して自分でトレーニングする場合には、無理をして体を傷めないように注意してください。トレーニング前には必ずストレッチをして、十分なスペースを確保しトレーニングをおこないましょう。

ボクシングジムに通うときのポイント

ボクシングジムに通うことを決めた場合、回数や頻度はどのくらいを目安に通えば良いのでしょうか?

ボクシングダイエットで重要なことは、とにかく長く続けること。短期間で集中的に追い込むよりも、週2~3回のペースで3ヶ月続けるほうが、効果を実感しやすいです。仕事などで平日に時間を作れなくても、焦らずに継続するようにしましょう。

ボクシングジムで体験できること

ボクシングジムでは、受講者のレベルによって、さまざまなトレーニングメニューが用意されています。自分の目的に合わせて選びましょう。

シャドーボクシング

シャドーボクシングは、鏡を見ながらフォームを確認したり、動きをイメージしながらパンチを打ったりフットワークを踏んだりする方法です。ボクシングの基本なので、しっかりと身につけることが上達へのポイント。

有酸素運動と無酸素運動の複合運動で、短い時間で効果的にエネルギーを消費できるのでダイエットに効果的です。無心でパンチをおこなう楽しさに、病みつきになる人も多くいます。

サンドバック

シャドーボクシングのイメージで、天井から釣り下がっているサンドバックをたたいて練習します。実際にサンドバックをパンチするので、カロリー消費量もアップ。さまざまな種類のパンチを、コンビネーションしながら練習してみましょう。

全身の筋トレにもなり、実際にサンドバックを叩くのでストレス解消効果も。

ミット打ち

相手の構えたミットに、実際にパンチやキックをする練習方法です。サンドバックとは違い、動くミットを追いかけながらのトレーニングになるので、秋発力と全身を鍛えることが可能。1番実戦に近い練習と言えます。

また、相手がいるので自分のペースで動くことができず、スタミナを使うので脂肪燃焼量もアップ。トレーニングと同時に、ストレス発散効果があるのもポイントです。

パンチボール

上手に打つにはコツがいるので、初心者には少し難しい練習。ボクシングに必要なリズムやスピード、タイミング練習になります。

また、肩甲骨の動きが必要になるので、肩甲骨周りのインナーマッスルをトレーニングすることになり、肩こり解消にも効果的です。さらに、肩や腕の筋肉を使うので、二の腕痩せ効果も期待できます。

スパーリング・マスボクシング

スパークリング・マスボクシングは実際に相手と向き合っておこないます。スパーリングはプロテクターを装着して実際に相手にパンチを打っていく実践練習。

それに対してマスボクシングは、プロテクターを装着した状態で相手にパンチを実際にあてず、寸止めをする場合や、相手にパンチを当てるが思い切りはあてない場合があります。

実践練習なので、体力的な面はもちろん、集中力を鍛えることもできます。また、競技としてのボクシングレベルも上がります。

ロープ

ロープとは、いわゆる縄跳びです。連続で跳び続けることで有酸素運動になり、基礎体力の向上や脂肪燃焼の効果を期待できます。ロープは全身運動なので、関節を動かすことによる体全体のバランスを整えるうえでも有効。また、素早い動きでおこなうため、瞬発力がつきます。

ボクシングジムでは、様々な要望に応えて、幅広いレッスンがあります。ボクシングに興味があっても、怖くて挑戦できなかった人も、まずは簡単なトレーニングから挑戦してみてください。

関連する記事

五反田でおすすのキックボクシングジム4選:好アクセスで通いやすい!

キックボクシングに挑戦したことはありますか。怖い、...

2019年07月01日, ボクシング・キックボクシング

キックボクシングの体験レッスン。女性専用の教室もある。

近年、有名モデルたちによるSNS投稿をきっかけに、...

2019年07月04日, ボクシング・キックボクシング

ボクシングのトレーニング方法とは?技術を向上させよう。

ダイエット効果を期待できるエクササイズとして、ボク...

2019年07月04日, ボクシング・キックボクシング