運動不足を解消したいなら、日々の生活を工夫することがカギ。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

運動不足の自覚はあるけれど、なかなか運動する時間が作れない、という女性も多いはず。健康的な体やダイエットのためにも、運動は欠かせません。運動不足になってしまう理由から、運動内容を工夫してみたり、日々の生活の中で取り入れられる簡単な運動をおこなって、運動不足を少しずつ解消してみてください。

運動不足解消におすすめの運動内容や方法には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

運動方法を理由に合わせて変えてみよう

運動不足になる原因は、人によってさまざま。理由によって運動の内容を変えてみることで、運動不足を解消するきっかけになるはずです。

時間がない

仕事やプライベートが忙しく、まとまった時間を取ることができないという理由で運動不足になってしまう人は、日々の生活そのものを運動の時間にしてしまうのがおすすめ。

たとえば、通勤の際には階段を使用する、1駅分歩くといったようなことでも構いません。少しの工夫で、時間をあまりかけずに運動することが可能です。

運動方法がわからない

体は動かしたいけれど、なんの運動をするべきか悩んでしまうという人は、ジムなどに通うのがおすすめ。

筋トレやランニング、ウォーキングなどの比較的気軽におこなえるものやジムによってはヨガや水泳、ダンスといったプログラムが用意されているところもあるため、気になった運動をいろいろ試してみることができます。

運動が苦手

運動が苦手な人は、ウォーキングではなく散歩、といったように、運動という意識を持たずにおこなうのがおすすめ。散歩も長時間おこなえば、立派な運動になります。

また、誰かと一緒に運動してみるのもおすすめ。運動は楽しいこと、という意識を持つと、運動を好きになれるかもしれません。

運動不足を解消するためにおすすめの方法とは?

運動不足を解消したいときは、日々の生活を工夫して体を動かしてみるのもおすすめ。移動手段の変更やながら運動などは、気軽におこなえるのがメリットです。

移動手段を変える

電車やバス、車などで移動する人は、短い距離なら徒歩、中距離程度ならば自転車にしてみましょう。また最寄駅の何駅か前で降りるという方法も、適度なウォーキングになるためおすすめ。

歩く際に、早歩きや大股で歩いてみたりと、歩き方にも一工夫することで、効果的に運動不足を解消していくことができます。

ながら運動

普段の生活や家事の際に、ちょっとした動きを取り入れてながら運動をしてみましょう。たとえば、洗濯物を干すときに大きくしゃがんで衣服を取り、背伸びをして干す、といったことや掃除機の際に大きな動作をしてみたりなど、大きく体を動かしてみてください。

それ以外にも、食器を洗いや歯磨きのときにつま先立ちでいるのもおすすめ。工夫すれば、ながら運動はいくらでもおこなえます。

運動神経がなくてもできる運動

運動神経がないけど運動がしたい、という意気込みがあるときは、ウォーキングやヨガなどの運動がおすすめです。ウォーキングやヨガは、運動神経の有無は関係ありません。ウォーキングはシューズがあればでき、ヨガは自宅で気軽におこなえます。

関連する記事

バレーでしてしまう怪我とは?応急処置にはアイシングとテープを使う。

バレーボールは、レシーブでボールに飛びついたり、相...

2019年07月04日, 運動&ジム

腰が痛い理由。対処法を知って、腰痛を上手に改善させよう。

腰が痛いと、日常生活に支障が出てしまいます。立ち仕...

2019年07月04日, 運動&ジム

弓道初心者が抑えるべきポイント。基礎知識や教室の費用を紹介。

凛とした姿勢、弓を放つ前の静けさに惹かれて、弓道を...

2019年07月04日, 運動&ジム