ウォーキングのダイエット効果とは?1日20分で全身を引き締めよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ダイエット

ダイエットのために運動を始めようと考えている人も多いはず。体への負担が少なく、手軽に始めやすい方法の1つにウォーキングがあります。ウォーキングによるダイエット効果を実感するには、コツを抑えておくことが重要です。

ここでは、ウォーキングによって得られるダイエット効果やポイントについて理解を深めて、正しい歩き方を実践しましょう。

ウォーキングによるダイエット効果とは?

ウォーキングには大きく、脂肪燃焼や血流改善、病気の予防といった効果が挙げられます。ウォーキングでは太ももなど下半身にある大きな筋肉を刺激できるため、血流の促進にも有効です。むくみの改善や美肌、低体温改善といった効果も。

ウィーキングによるダイエット効果は、全体的に余分な体脂肪が落ちていくことで、全身がすっきりと引き締まる効果を期待できます。運動の負荷が軽く継続しやすいので、今までダイエットに挫折してしまった経験のある人にもおすすめの方法です。

脚に筋肉がついて、引き締まる

歩く動作では下半身の筋肉を主に使うため、脚の筋力が強化することでシェイプアップに有効。自転車のペダルのように踏み込んだり、ランニングのように地面を蹴る動作がないので、筋肉が肥大化してしまう心配は不要です。

内臓脂肪や皮下脂肪を燃やして、お腹周りも引き締め

ウォーキングは、体脂肪が燃えると言われている有酸素運動。酸素を使って糖質や脂肪を燃焼し、エネルギーを作り出す仕組みです。

ウォーキングを継続することで、内臓脂肪や皮下脂肪の燃焼につながります。ウエストを効率よく引き締めたい場合は、お腹周りに効く軽い筋トレをおこなってからウォーキングをすると効果的。

ダイエット効果を高めるコツ

ウォーキングでダイエット効果を狙う場合、効果を高めるコツを実践すると効率アップにつながります。

1日5~10km、20分以上歩く

ウォーキングでダイエット効果を得るには、1日5~10kmの距離で20分以上が目安と言われています。可能であれば30分~1時間が理想です。最初は無理をせずできる距離から始め、慣れてきたら無理のない範囲で時間と距離を伸ばしていくようにしましょう。

早歩きを基本にする

漠然と歩くのではなく、スピードや時間を意識することも大切です。ウォーキングは散歩と異なり、ゆっくり歩いているだけでは効果を期待できません。早歩きを基本として、適度に息が上がるペースが目安です。1分間に110~140mの歩行速度で調節するのがおすすめ。

姿勢を正す

ウォーキングをするときは、背筋を伸ばした正しい姿勢でおこなうことが大切です。普段猫背になりがちという人も胸を張るイメージで、下を見るのではなく前方に視線を向けましょう。

踏み出すときは親指から、着地はかかとから

ウォーキングでダイエット効果を得るには、正しい歩き方もポイント。足裏全体を使って歩くのではなく、踏み出す出すときは親指に力を入れて蹴り上げ、着地はかかとからおこなうことを意識しましょう。

ウォーキングで体に負担の少ないダイエットを

ウォーキングのメリットは、体への負担が少なく健康的にダイエットできる点です。激しく負荷の高い運動や苦しい食事制限をおこなえば短期間で結果を出せても、体を壊してしまったり、リバウンドの原因となってしまいます。

また、ウォーキングを継続することで疲れやすさが解消される点も魅力です。ウォーキングは有酸素運動なので心肺機能が高まり、自然と疲れにくい体になっていきます。心肺機能が高まることで、これまで以上にテキパキと動けるようになり、パフォーマンスアップを実感できるはず。

関連する記事

短期間でダイエットを成功させる方法。無理のない目標とスケジュールが鍵

ダイエットを実施して、短期間で効果が出るとうれしい...

2019年07月01日, ダイエット

自律神経とダイエットの関係とは?夜はしっかりリラックスすることが重要。

夜、リラックスしたときにお腹が空いて、つい食べてし...

2019年07月04日, ダイエット

ツボを刺激しながら腹筋をトレーニングして、お腹痩せと不調ケアを叶えよう。

「仕事や家事が忙しく、運動不足を解消したいけれど時...

2019年07月04日, ダイエット