ゴルフ初心者が抑えるべきポイント。必須アイテムやマナーも紹介。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

ゴルフを社会人になってから始める人も多いはず。ゴルフ場では他の人もゴルフを楽しんでいるため、お互いが気持ちよくプレーするためにはマナーを守ることが大切です。

必須アイテムや基本マナーを抑えておくことで、初心者でも安心してラウンドに出ることができます。さらに、実際にラウンドに出てプレーするときのコツ、おすすめの練習法を紹介しているので実践してみましょう。

ゴルフの必須アイテムは?

ゴルフをするには、必要な道具を準備する必要があります。最低限必要なのは、下記の7点です。

  • ゴルフクラブ
  • ヘッドカバー
  • キャディバッグ
  • ゴルフボール
  • ゴルフウェア
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフグローブ

ゴルフ場でのラフな服装は禁物

ゴルフ場での服装は、男女ともに襟付きのトップスとパンツ、シューズが基本です。

パンツはロングパンツが主流となっていますが、女性ではミニスカートを着用する人も多くいます。ショートパンツやミニスカートでも問題ありませんが、初心者の場合はロングパンツが安心。ボールが大きく曲がってしまったとき、林や茂みに入ることも考えられるからです。

Tシャツやジーンズ、ジャージ、サンダルなどは避けるべき服装です。ゴルフ場での服装はコースだけでなく、クラブハウスなど敷地内でも同様にマナーを守る必要があります。

ゴルフ場での基本マナーは?

ゴルフには数々のマナーがありますが、ここでは基本的なルールをピックアップしました。

  • 時間に遅れない
  • 打つときは、しゃべらない
  • 禁煙
  • グリーン上は走らない
  • ラインやカップの縁を踏まない
  • ボールマークは直す(グリーンフォークで寄せる)
  • 旗は可能な限りグリーン外に置く
  • 打つ人の近くに立たない
  • バンカーに入るときは、低いところから入る
  • バンカーショットの後は、ならして出る
  • スイングするときは、周囲に人がいないか確認する
  • 前の組の人たちに打ち込まない

お互いが気持ちよくプレーするためには、最低限の基本マナーだけでも抑えておく必要があります。事故を防ぐことにもつながるので、事前に理解しておきましょう。

ゴルフ初心者が抑えておくべきコツ

ここからは、初心者ゴルファーが抑えておくと役立つコツを紹介。ゴルフ場では、自分たち以外にもゴルフを楽しんでいる人がいます。自分たちのプレーが遅くなってしまうことを「スロープレー」と呼び、他のゴルファーを待たせてしまうので、全体に迷惑をかけてしまうことに。

ゴルファー1人ひとりが「プレーファースト」を心がけ、前の組に付いていくことが大切です。そのためには、下記の項目を意識しましょう。

  • 打順が来る前に、次に使うクラブを決めておく
  • ボールのある場所に行くときは、次に使うと思われるクラブを2・3本持って行く
  • 歩いたほうが早い場合は、カートに乗らず歩く
  • 素振りは2回までに留める
  • ホールアウト後はテキパキと小走りで

初心者の場合は、上記5つのポイントを気をつけておくとスロープレーを予防できます。その他にも、ショットを打つときのポイントをおさえておくことで、ゴルフをより楽しめるはず。

テイクバックはゆっくり

初心者のミスショットの多くは、テイクバックを焦ってしまい早くやってしまうことにあります。

できるだけゆっくりテイクバックすることで、ボールへの体重がかかるように。焦らず丁寧におこないましょう。

アプローチは左足体重

アプローチはボールに対してヘッドをインパクトするダウンブローに似たような打ち方。左足体重にすることで、ヘッドを上から入れやすくなり、ハンドファーストにインパクトします。左足に重心を乗せるよう心がけましょう。

ダウンスイングは腕を下に落とす

ダウンスイングは力みがちになるので、ダフリの原因に。腕だけを下に落とすというイメージを持つと、力を入れずに振りやすくなり、上手く打つことができます。

ゴルフでのおすすめ練習法は?

ゴルフはコツコツと練習しておくことが重要です。そこでおすすめの練習方法は、打ちっ放しに行くこと。球を多く打つことがゴルフの上達につながるので、1週間に1回1時間以上を目安に練習しましょう。

片手打ちでファーストインパクトを覚える

ゴルフでボールを打つときに大切と言われているのが、ハンドファーストです。ハンドファーストとは、両腕が伸びているときに、手元がボールの左にあること。

この感覚を覚えるためには、片手打ちが有効です。左手だけでボールを打つことで真っすぐ打つボールへの角度が身につき、ハンドファーストを覚えることができます。

関連する記事

肩こりと背中の痛みを解消。簡単ストレッチは、家事や仕事の合間にも。

現代の多くの人が悩む肩こりや背中の痛み。筋肉が凝り...

2019年07月04日, 運動&ジム

きれいな下尻は日常生活から実現可能!:効果的な筋トレ5選もご紹介

加齢とともに垂れるお尻…。女性はお尻を見ると年齢が...

2019年07月04日, 運動&ジム

ジムが疲れる理由とは?疲労が抜けない体を回復するためのポイント。

ジムに行くとかえって疲労を感じる、疲れがなかなか取...

2019年07月10日, 運動&ジム