BMX初心者が抑えておくと役立つ、BMXの種類と選び方。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

自転車を使った競技の中でも、ストリート系の競技と言えばBMX(ビーエムエックス)です。通常の自転車と比べ、BMXは20インチ径の競技用自転車と小さく、レースとフリースタイルの大きく2種類に分けられます。

ここではBMX初心者が抑えておくべき種類やバイクの選び方・必須アイテムなど、基本について理解を深めましょう。

BMXの歴史

BMXの起源は、1970年代初めのアメリカ西海岸に遡ります。モトクロススターに憧れた子どもたちが、20インチの自転車を土の上で乗りまわしていたことが始まりです。自転車のカテゴリーの1つにBMXがあり、Bicycle Motocrossが名前の由来となっています。

現在ではレース競技として全米を中心に盛んなBMXは、遊びが原点となっているのでレースだけに留まらず、自在にBMXを操るフリースタイルが誕生しました。BMX用の自転車は20インチ径ホイールが一般的なサイズで、構造は単純ですが頑丈な点が特徴です。

BMXの種類

BMXの種類は、レース・フリースタイルの大きく分けて2種類。フリースタイルは2020年の東京オリンピックに競技種目として追加されました。

レース

400m程のコースを最大8人のレーサーが一斉に走り、予選→準決勝→決勝と勝負していくのがレースです。コースには、さまざまな形状のジャンプ台やコーナーが含まれています。

フリースタイル

フリースタイルはエクストリームスポーツの1つで、競技性よりも技の独創性や難易度が重視される側面を持っています。大会では制限時間内に技を決め、ジャッジによるポイントで順位がつく、フィギュアスケートと同じような採点スタイルです。

フリースタイルの中でも、さらに種類が分かれます。ここでは代表的な、FLAT LAND(フラットランド)とSTREET(ストリート)を紹介。

日本でBMXをしている人の中で多いのはフラットランドと言われています。華麗に舞うスタイルが特徴。ストリートは、ジャンプを楽しむのが特徴で、小さな階段を飛び降りたりして遊ぶスタイルです。

BMXを始めるにあたって、必須アイテムは?

レースかフリースタイルで必須アイテムは異るので、自分のスタイルに合わせてチェックしておきましょう。

レースの場合は、下記の4つが必要です。

  • 自転車
  • 手袋
  • ヘルメット
  • ウェア

レースではヘルメットや手袋の着用が義務付けられています。一方、フリースタイルの場合は手袋やヘルメットが必要なく、自転車1つあれば可能です。

BMXバイクの選び方

まず、どの種類でおこなうかによってBMXの選び方は異なります。とくにハンドルバーは乗り心地に直結し、何度か大きさを交換しながら自分に合うBMXを探し出すのも醍醐味です。

フラットランドを選ぶとき

基本の選び方は、身長を基準にする方法です。身長150~160cmの場合は、フレームのトップチューブサイズが18.0~18.5、身長160c~170cmの場合は18.3~18.8がおすすめと言われています。

ストリートを選ぶとき

ストリートを選ぶときのポイントは、車体の長さ・チェーンステイの長さ・ハンドルバーの高さや大きさです。

フラットランド同様に、自分の身長をベースに選びましょう。身長150~160cmの場合はフレームのトップチューブサイズが19.8~20.5、身長160~170cmの場合は20.5~20.8がおすすめと言われています。

BMXでの注意事項やマナーは?

BMXでは、以下のようなマナーを守ることが大事。

レースの場合は、コース内で立ち止まらない・コースを逆走しない・コースを横切らないこと。フリースタイルの場合は、おこなってもいい場所か許可を取る・他人の迷惑にならないよう注意する必要があります。このほかにも、ローカルルールがある場合も。

BMXを上達させる、おすすめ練習法

BMXを始めたばかりで、上達させるにはどんな練習をすれば良いか分からない、という人もいるはず。

レースにもフリースタイルにも共通して必要となる、ストッピングを練習しておくのが上達へのカギです。

徐々にスピードを上げ、その場で停止し、その場から再び漕ぐ、という練習を繰り返し、少しずつ止まる秒数を長くしていきましょう。1日に30分を目安に毎日続けるのがおすすめです。

練習では、目標を決めよう

BMXには難しい技が多くありますが、最初から全てをできるわけではありません。1つずつステップアップしていくために、小さく目標を決めていくことが重要です。

例えば、ジャンプするときは目安なるものを決め、最初は缶を超えるところから始めて、徐々に高くしていくのがおすすめ。

ハンドルバーの下に体を滑り込ませよう

BMX初心者の場合、ハンドルバーの下に体を滑り込ませることもポイント。フロントをしっかりと上げる必要があり、そのときに腕で持ち上げてしまいがちです。ハンドルバーの下に体を滑り込ませるようにして、持ち上げるようにすると上手くいきます。

関連する記事

ヒップアップできる簡単なエクササイズ。自宅で手軽に引き締めよう。

年を重ねるにつれて、だんだん垂れ下がってしまったお...

2019年07月04日, 運動&ジム

水泳初心者が抑えるべきポイントとは?マナーを守って泳ぐことが大切。

水泳は、ダイエットや体力向上にも効果的と言われてい...

2019年07月04日, 運動&ジム

サイクリング初心者が抑えるべきコツ。必要な持ち物や距離の設定法も。

サイクリングは、1878年にイギリスで世界初のサイ...

2019年07月04日, 運動&ジム