アメフトを上達させるトレーニングとは?体づくりがカギ。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

アメフトは体がぶつかりあうスポーツ。しっかりとトレーニングを重ねて、衝撃に負けない強い体を作ることが上達に欠かせません。基本のトレーニングに加え、爆発的なパワーを生み出すトレーニングで、瞬発力やフィジカルコンタクトの強さを強化させましょう。

アメフトを上達させる、基本のトレーニング

アメフトの上達には、まずは基本を抑えておく必要があります。基礎となるカットバックやタックルをマスターしましょう。

カットバック

カットバックとは、1フェイントを入れて相手ディフェンスを交わすことです。アメフトの基礎的な技術になので、しっかり練習しましょう。

まずは、全力で走ります。そのまま前の脚で止まり、次の脚を違う方向に出したら、角度を変えて走り出します。

この練習方法は場所や時間を問わずできるので、シミュレーションとしておこなうのがおすすめ。コツは踏み込んだ後のスピードを速くすることと、肩を意識してカットバックを踏むことです。毎日10分を目安に練習を続けましょう。

タックル

アメフトでは、タックルも基礎的な動作の1つ。相手の動きを止めるにはタックルが必要なので、練習を積みましょう。

タックルを練習するには、ペアでおこないます。相手に立ってもらい、自分は相手から2人分のスペースを離して立ってください。相手の膝を狙って、タックルを繰り返しましょう。毎日30分を目安におこなってください。

1対1のパス

アメフトではパスをミスしてしまうと一気にカウンターを食らってしまうため、パスの精度を磨きましょう。

まず、相手と1対1で10mくらい離れて立ってください。その場からお互い動かずに、パスを繰り返します。慣れてきたら動きながらパスしてください。毎日10分を目安に続けましょう。

スピードやパワーアップに効果的なトレーニング

基礎をしっかり練習したうえで、瞬発力やパワーを強化させるトレーニングをおこなうと、さらに上達に近づきます。

ウォールハイニーズ

アメフトでは相手を振り切ったり、ディフェンスをするときにスピードが必要です。スピードを強化するには、ウォールハイニーズというトレーニングが有効です。

壁に手をついた状態で、そのまま足を素早く交差させます。これを15秒間続けたら、30秒休憩してください。このトレーニングを5回ほど、1週間に3回を目安に実践しましょう。

ボールを使ったトレーニング

瞬発力を上げるためには、メディシンボールを使ったトレーニングが役立ちます。

メディシンボールを地面に置き、スクワットの姿勢でボールをキャッチ。キャッチした瞬間、垂直方向に勢いよく投げてください。瞬発力を強化するには、ボールをキャッチしてから投げるまでの時間を短くすることが大切。

キャッチ~投げるまでの間で、ハムストリングスからお尻にかけての筋肉・股関節の伸びを意識してください。

トレーニングにプラスして、食事にも気を配ろう

アメフトを上達させる体づくりには、トレーニングに加えて食事も重要です。とくに、たんぱく質と炭水化物を摂取するタイミングを意識しましょう。3回の食事に加えて2~3時間おきに補食し、空腹状態を作らないことがカギとなります。

関連する記事

治らない肩こりに悩む人は注意!実は内臓の病気が原因かも?

肩こりの症状が出た場合、みなさんはどうしていますか...

2019年07月04日, 運動&ジム

柔道で起こりやすい怪我とは?普段から気をつけるべきこととは。

柔道はいざとなったら自分を守ることができてかっこい...

2019年07月04日, 運動&ジム

ジムが疲れる理由とは?疲労が抜けない体を回復するためのポイント。

ジムに行くとかえって疲労を感じる、疲れがなかなか取...

2019年07月10日, 運動&ジム