ダイエットを成功させるためコツ。心構えや食事、運動時に実践しよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ダイエット

異性の目を気にしたり、以前よりも顔が丸くなったり、二の腕にたるみが出てきたりなど、自身の体の変化に気づき、ダイエットをしようと決心する人も多いのではないでしょうか。ですが、いざダイエットを始めようと思っても具体的にどうやって取り組んでいけば良いのかコツが分からない、長く続かないという人がたくさんいます。

そんな人のために、今回はダイエットに関するコツを紹介。コツを掴んで、今度こそダイエットを成功させましょう。

心構え

ダイエットで肝に銘じておかなければならないことがあります。

それは「一朝一夕に効果が出ない。」ということです。

ダイエットで効果が実感できるのは少なくとも一ヶ月は要します。

継続するためのコツはダイエットをするためのモチベーションを維持すること。

それでは、継続するためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

一緒にする人を見つける

ダイエットを一人で行おうとすると、その日の心身の状態でダイエットを引き伸ばしたり、どうしてこんな辛いことをしなければならないのかと考え直してサボってしまうことがあります。

そのような状態が継続していくと最終的にダイエット失敗という結論になるでしょう。

ですが、もし誰か一緒にする友人を見つけることができれば、互いに励ましあったり、辛いことを共有しながら楽しくダイエットをすることができます。

実際に研究データで誰かと一緒にダイエットをすると一人でするときよりもこうがあるという研究結果もあります。

もし身近にダイエットをすることを考えている知人がいれば、一緒にやってみてはいかがでしょうか。

もし身近にいなければsnsを通じてダイエット記録を発信するのも一つのコツです。

同じくダイエットをしている他者からの励ましのコメントや理想の体を載せている投稿を見ることで自身のダイエットのモチベーションに繋がります。

運動方法

引き締まった体を手にいれるためには、運動は必須項目です。

なぜならば、運動をすることによって基礎代謝を上げ、食事から得たカロリーを多く代謝することができるので、太りにくい体を作ることができます。

また、運動をすることで適度な筋肉がつき、効率的に脂肪を燃焼することが可能です。

運動方法には大まかに二つの種類があります。それは息遣いをする有酸素運動と一度の動作に息遣いをしない無酸素運動の二つです。

これらの二つの運動に触れながらダイエットのコツを紹介します。

運動のコツ

理想的な運動の順番は無酸素運動→有酸素運動です。

なぜなら、無酸素運動をすることで成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは筋肉の成長を促進させるとともに、脂肪燃焼を促す効果があります。

なので、無酸素運動を先にすることで脂肪が燃焼しやすい環境を作ることが可能です。

具体的な運動としては、腕立て伏せ、腹筋、スクワットを各10回を2セットー3セットで十分でしょう。

一方有酸素運動では、脂肪燃焼効果が発揮されるのは運動を始めて20分が経過してからです。

なので、20分以上は継続して有酸素運動を行うようにしましょう。

だからと言って1時間硫黄行うのは体に負担が掛かり筋肉を分解させてしまぅたり、脂肪燃焼がされなくなるので、30分を目安に運動をするのがコツです。

生活習慣でのコツ

以前「水だけダイエット」や「バナナだけダイエット」等の手軽なダイエットが流行りました。

その他にも脂肪燃焼を促進するサプリメントを摂取するといったことが痩せるための手段として上げられますが、何よりも大事なのが十分な食事量を食べ、バランスよく栄養を摂ることです。

食事に関して一番避けなければならないことが「食べないこと。」

食事制限をして急激に痩せたということをよく耳にされたかと思います。確かに痩せていますが、それは筋肉が落ちているだけなのです。

一番落としたい脂肪は実はあまり落ちていません。

筋肉が落ちると基礎代謝量が低くなり、太りやすい体になってしまいます。これではダイエット成功とは言えません。

すぐにリバウンドしてしまいます。

なので、まずはしっかりを食事を摂ることがコツです。

では、どのような食事を摂ればいいのか。体に重要な栄養は5つあり、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンです。

その中でも特に重要なのがタンパク質(Protein)、脂質(Fat)、糖質(Carbone)の3つであり、これらの頭文字をとってPFCバランスと呼ばれています。

理想的なPFCバランスは4:3:3と言われており、低糖質の食品が最近多く見かけられますが、実は糖質が最も重要な栄養なのです。

ですが、日本食は糖質が多く設定されているので、現状の食事量で糖質は十分に確保できています。日本人が積極的に摂取していかなければならないのはタンパク質です。

タンパク質を効率的に摂取するためには、プロテイン等の簡単にタンパク質を摂取できるサプリメントを摂取することがコツです。

まとめ

ダイエットにおける心構え、運動方法、生活習慣、それぞれのコツについてお話しました。

適度な運動とバランスの良い食事とることで脂肪は少しずつ減少しています。

いきなり1kg、2kgと痩せることができないので途中で挫けたりするかもしれません。

ですが、仲間同士て鼓舞したり、全国の人々と情報を共有することでダイエットのモチベーションを維持するようにしていきましょう。

そして、理想的な引き締まった体を手に入れましょう。

関連する記事

太い二の腕の原因とは?リンパマッサージでセルライトを解消しよう。

1度ついてしまった二の腕の脂肪は、なかなか落ちない...

2019年07月23日, ダイエット

筋肉太りの太ももの原因は余計な筋肉。日常生活の改善から始めよう。

スポーツを続けていると、筋肉がたくましくなります。...

2019年07月04日, ダイエット

代謝を上げるツボを刺激して、脂肪を燃焼させよう。

基礎代謝は年齢とともに低下していくため、年を取るに...

2019年07月04日, ダイエット