運動不足なら登山がおすすめ。楽しみながら体を動かして、リフレッシュしよう。

運動不足なら登山がおすすめ。楽しみながら体を動かして、リフレッシュしよう。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

運動不足を解消したいけれど、ただジムに行ってウォーキングをするのも飽きてしまい続かない、という人におすすめなのが登山です。自然の中を歩くことで、心身ともにリラックスしながら体を動かすことができるだけでなく、運動量が多いため、効率的に運動不足を解消することも可能です。

なぜ、運動不足の人に登山がおすすめなのでしょうか?登山の際に気をつけるべきことも確認してみましょう。

運動不足でも登山がおすすめな理由とは?

登山は、運動不足でおこなえるもの。楽しみながら運動できるため、気持ち良く体を動かすことも可能。運動のきっかけにおすすめです。

有酸素運動

登山は、ウォーキングと同じように長時間体に軽い負荷をかけながらおこなう運動に分類することが可能です。効率良く脂肪の燃焼がおこなえるのがポイント。また自分のペースで歩くことができるため、疲労を感じたら休みながら進むことも可能です。

また片道1~2時間程度でも、高低差や歩きにくい道を進むため、思っているよりも活動量が多いことが登山の大きな特徴です。

スタイルアップに効果的

坂道を上り下りしたり、平坦ではない道を歩いたりするため、普段あまり使われない筋肉を刺激することが可能。また無意識のうちに体幹も使うため、姿勢を良くすることも可能。自然とスタイルアップが目指せるメリットがあります。

リフレッシュできる

普段慣れ親しんでいる道やジムでのウォーキング・ランニングとは異なり、自然の道を歩いていくため、リラックスすることができます。また、本格的な山でなくとも、適度な疲労感を味わえるのはもちろん、気持ちよく汗をかくこともできるため、心身ともにリフレッシュ効果が高いのもポイント。

登山のときに気をつけることとは?

運動不足の人は筋力が少なくなっていることが多いため、自分が思っている以上に体が動かないこともあります。そのため、無理をしないことが1番大事。また山登りの基本的なことにも気をつけながら実践しましょう。

無理をしない

無理をしないことは、運動不足の人が1番気をつけなければならないことです。

山の上は酸素も薄くなっていくため、普段通りに思考が働かないことも。また周りの景色も良いため、気分が良くテンポ良く進んでいこうとしてしまうものです。

山登りは、下山も含めて体力を計算しなければいけません。途中でバテてしまわないよう、適宜休憩を挟みながら登るようにしましょう。また、定期的に自分の体力を確認しながら登ることが大事です。

歩幅を普段より狭くして歩く

登山のテクニックの1つです。歩幅を狭くして歩くことによる体力の消耗を抑えます。平地で歩く1キロと山の不安定な斜面を歩く1キロでは、体力の消耗の仕方も大きく変わります。焦らずにゆっくりとしたペースで登ることを心がけましょう。

荷物を多く持ちすぎない

いざというときのために色々な持ち物を持ち歩こうとしてしまいますが、荷物が増えることは体力を消耗してしまうことにつながります。運動不足の場合、基本的な体力が少ないため、登山に必要な体力を消耗しないようにすることも大事。

荷物は必要最低限のものに留めるだけでなく、軽量化が可能なものは軽くし持っていく、という工夫をすることもポイントです。

服装を整える

初心者にもおすすめの山であっても、山登りに適した服を着用することは大事です。

シャツは、通気性の良いものや汗や雨で濡れても乾きが良いものを選ぶことがポイント。上着は前開きのものを選びましょう。山登りでは体温調節が重要です。風を通さない素材のフード付きがおすすめ。

靴下は厚めのものを選ぶと、冷えを防げるとともに靴擦れも予防できます。靴は滑りにくい底が滑りにくくなっているものを選んでください。

関連する記事

フラダンスはダイエット効果抜群。基本の振り付けを覚えてみよう。

女性の習い事で、人気のあるフラダンス。運動が苦手と...

2019年07月04日, 運動&ジム

弓道初心者が抑えるべきポイント。基礎知識や教室の費用を紹介。

凛とした姿勢、弓を放つ前の静けさに惹かれて、弓道を...

2019年07月04日, 運動&ジム

ウォーキングで起こりうる怪我とは?事前準備とケアが大切。

ウォーキングは運動の強度が低いからと言って甘く見て...

2019年07月04日, 運動&ジム