ピラティスで、肩こりの改善と予防ができる?体のバランスを整えよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ピラティスと身体の不調

ピラティスは、健康的な体作りに最適な運動です。怪我をしにくい体を目指せるだけでなく、多くの人が悩む肩こりのにも効果があります。筋肉を鍛え、骨格を整えることができるため、マッサージなどといった一時的な緩和だけでなく、根本からの改善を目指すことが可能です。

なぜピラティスで肩こりを改善できるのでしょうか?肩こりになる原因などを知り、手軽におこなえるピラティスエクササイズを実際におこなってみましょう。

肩こりの原因とは?

肩こりの原因は人によってさまざまですが、多くの場合肩周りの筋肉が硬直してしまうことでこりが起こると言われています。筋肉が硬直してしまう理由は、血行不良。その要因となるのが、姿勢の悪さや運動不足、冷え、ストレスなどです。

骨格のゆがみは血管を圧迫してしまうため、血液循環を妨げることがあり、また代謝の低下は基礎体温を下げるだけでなく、血流にも影響を及ぼします。

肩こりを緩和させるためには、まず肩周りの血行をよくすることが大事。ピラティスのエクササイズでは、肩こりの原因を一気に改善していくことができる運動です。

ピラティスで肩こりの改善・予防が可能

ピラティスエクササイズは、筋肉を鍛えながらストレッチすることが可能。そのため、血流を促進させることができます。

また凝り固まっていた筋肉をほぐしていくことができると同時に、筋肉量を増やすことができるため、代謝を上げていくことが可能です。

インナーマッスルを鍛えるため、姿勢の改善に

猫背や反り腰といった姿勢の悪さは、腹筋や背筋が不足していることでしっかりと支えられていないために起こると言われています。インナーマッスルの1つである体幹を鍛えることで、姿勢を整えたあとに筋肉でしっかりと支えられるようになり、姿勢の改善につなげられます。

ピラティスでは、体幹を始めとしたインナーマッスルを鍛えることが可能。インナーマッスルは、外側にある大きな筋肉をサポートする役割を持っているほか、体を支えるのに有効な筋肉です。

筋肉量を上げ、代謝をアップ

単なるストレッチではなく、インナーマッスルを含めた全身の筋肉をバランスよく整えられるエクササイズのため、効率良く筋肉量を増やすことが可能です。血行促進には、代謝を上げることが大事。筋肉量を増やすことで自然と代謝を上げることができます。

肩こり改善に効果的なピラティスエクササイズ

ピラティスエクササイズには、自宅でも手軽におこなえるものがいくつかあります。なかでも自宅や仕事場でおこなえるエクササイズを2つ紹介。実践して、肩こりを緩和させましょう。

肩から肩甲骨を伸ばすエクササイズ

ひざを立てた状態で仰向けに横になりましょう。腕は体の横に添うように置き、リラックスしながら呼吸を繰り返します。弧を描くように、腕を上げていきます。手が床に着く前に手を止め、ゆっくりと息を吸います。息を吐きながら、手を戻していきましょう。

肩や肩甲骨周りを動かすことが可能なエクササイズです。大きく腕を動かせる場所でおこないましょう。就寝前など、リラックスできる時間におこなうのがおすすめです。

胴体から首を伸ばすエクササイズ

手を後ろでつなぎます。息を大きく吸い、吐きながら肩を後ろ、斜め下へと引くように下げましょう。胸の前を伸ばします。お腹は突き出さないように腹筋に力を入れ、真っ直ぐ保ちます。

次に、手のひらをお腹へ向けるようにつなぎます。大きく息を吸い、吐きながら背中を丸めていきます。背骨がストレッチされているのを感じたあと、ゆっくりと戻り、手を下ろしましょう。

胸の筋肉や首の付け根、背中をストレッチさせることができます。肩周りの緊張をほぐすことが可能です。

おすすめのピラティス施設・スタジオ

コナミスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:170件

zen place pilates(旧:ピラティススタイル)

展開エリア:, 店舗数:55件

zen place pilates by basi pilates(旧:Basiピラティス)

展開エリア:東京, 店舗数:28件

関連する記事

ピラティスで筋肉痛になる原因とは?対処法や対策も身につけておこう。

健康のために始めたピラティスを始めたのは良いものの...

2019年07月23日, ピラティスと身体の不調

ピラティスで高血圧を改善できるの?適度な有酸素運動がポイント。

健康的な体作りに有効なピラティスは、血圧を下げるた...

2019年07月23日, ピラティスと身体の不調

反り腰は、ピラティスで効果的に改善しよう。筋力アップがカギ。

インナーマッスルなどの筋肉を強化したり、骨格を正常...

2019年07月23日, ピラティスと身体の不調