ピラティスでおこなうのは胸式呼吸。メリット、やり方のポイントとは?

ピラティスでおこなうのは胸式呼吸。メリット、やり方のポイントとは?

Siena編集部
公開, 更新 , ピラティス

ピラティスのエクササイズをおこなうときには、胸式呼吸をおこないます。胸を膨らませておこなう呼吸法で、大きなメリットの1つとして、筋トレ効果をアップさせることができるのが特徴。胸式呼吸を身につけておくことで、ピラティスの筋トレ効果が十分に得られます。

ピラティスでおこなう胸式呼吸とは、一体どういうものなのでしょうか?

ピラティスの呼吸とは

ピラティスでおこなう呼吸は、胸式呼吸です。息を吸うことに適した呼吸法で、多くの酸素を取り込むことができます。

胸式呼吸は、肋骨のあいだにある肋間筋を使いながら呼吸をするもの。息を吸ったときに、肺を覆う肋骨が広がるため、息を吸うのと同時に、胸や肩が動くという特徴があります。呼吸をしているとき、肩が上下しているように見えます。

腹式呼吸との違いは

胸式呼吸は、肋骨を広げて空気を取り込むのに対し、腹式呼吸は肺の下あたりに位置する横隔膜を下げることで空気を取り込む呼吸法です。呼吸の際に、肩や胸は動かず、お腹が膨らむのが特徴です。

胸式呼吸と腹式呼吸で大きく異なるのは、体のさまざまな器官をコントロールする自律神経への影響。胸式呼吸の場合は交感神経を優位にさせ、腹式呼吸は副交感神経を優位にさせる効果があり、交感神経は日中の活動的な際に優位になり、反対に副交感神経は安静時に優位になります。

胸式呼吸のメリットとは

胸式呼吸は、リフレッシュ効果や筋トレの効果をアップさせることができたりと、さまざまメリットがあります。うまく取り入れることがポイント。

体内の酸素量が増える

肋骨を広げ、多くの酸素を取り込むことができるため、体内の酸素量を増やすことが可能です。また肋骨が広がることで胸に空間ができ、心臓のポンプ機能を上げることも可能。酸素の量が増えると、ストレス緩和やリフレッシュ効果が期待できます。

代謝の促進

心臓は、全身に酸素や血液を循環させるポンプのような役割を持っているため、よく働くようになることで、全身の細胞に酸素を行き渡らせることができます。そうすることで、代謝が上がり、血流の促進がされるようになり、エネルギー消費量上がります。

また、肌のターンオーバーが正常におこなわれるといったメリットも。

筋肉を効率良く鍛えられる

交感神経が優位になることで、筋肉は緊張します。その状態でピラティスをおこなうことで、程よく筋肉に負荷をかけながらエクササイズできるため、筋トレ効果が増します。

また胸式呼吸のポイントはお腹を膨らませないこと。そのため、意識して腹筋に力を入れる必要があるため、呼吸だけでもお腹周りの筋肉へ刺激を与えることが可能です。

胸式呼吸のやり方は?

胸に両手を当てます。息を吸うときは、胸が膨らむように吸い込みます。息を吐くときは、両手が中心に寄り、胸がへこむイメージで吐きましょう。そのとき、お腹は膨らませないようにしてください。肋骨が上下左右に広がるように、胸を広げ大きく呼吸をするのがポイントです。

コツを掴むまでは練習が大事

初めは、胸を広げる感覚がわからずなかなかうまく胸式呼吸をおこなえないかもしれません。慣れるまでは、各部位を意識しながら呼吸を練習することが大事です。

胸式呼吸のコツは、胸を広げること。息を吸うときに肩は上げず、肋骨を広げていきます。また吐くときは、お腹までへこませるイメージで吐きましょう。あごを引いて、背筋を正すことも忘れずにおこないましょう。

おすすめのピラティス施設・スタジオ

zen place pilates by basi pilates(旧:Basiピラティス)

展開エリア:東京, 店舗数:28件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

zen place pilates(旧:ピラティススタイル)

展開エリア:, 店舗数:55件

関連する記事

basiピラティスの口コミ。レッスン・年齢別のリアルな評価をチェック

最近若い女性の間で<b>話題になっているbasiピ...

2019年07月11日, ピラティス

ピラティスで筋肉太りを解消しよう。インナーマッスルがカギ。

下半身が太くなる原因には、脂肪やむくみのほかに筋肉...

2019年07月04日, ピラティス