ピラティスで使われる用語とは?基礎から覚えよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ピラティス

ピラティススタジオに通っていると、なかなか聞きなれない用語を耳にすることがあるはず。レッスンで使用される用語を身に付けると、ピラティスを効果的におこなえるようになるのはもちろん、より楽しむことができます。代表的なものから覚えてみてください。

ピラティスの用語には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

アライメント

アライメントとは、それぞれの関節が調和を保っていること。また上下左右が対称になっていて、バランスが崩れていない状態のことをいいます。

ピラティスエクササイズは、骨や筋肉、関節が常に対称になっているかを意識しながらおこなう必要があります。ピラティスの効果を得るためにも、アライメントが乱れないようにおこないましょう。

インプリント

インプリントとは、ピラティスの基本となる姿勢のこと。仰向けの状態をいいます。正確には、仰向けになりひざを90度に曲げ、床と腰に隙間が開かないように骨盤を軽く後ろに傾け、腰椎をマットに付けた姿勢です。

腰椎に負担がかからず、骨盤が安定します。また衝撃を吸収できる姿勢です。

胸式ラテラル呼吸

ピラティスでおこなう呼吸法のこと。いわゆる胸式呼吸です。空気を吸い込む際に、お腹を膨らませずに胸を広げておこなうのが特徴。呼吸するときは、肋間筋という筋肉が使われます。

鼻から息を吸い、胸を広げ息を吸い、口から息を吐きます。胸式呼吸は、リフレッシュ効果が期待できます。

コントロロジー

コントロロジーは、操作や管理、統制を意味するコントロール(Control)と「~学・~論」の意味を持つロジー(logy)を組み合わせた造語。

ピラティス創設者である、ジョセフ・H・ピラティス氏が名付けた、ピラティスメソッドのこと。ピラティス氏は、ピラティスメソッドを単なるエクササイズではなく、筋肉と精神を自分でコントロールする学問であるとしていました。

Cカーブ

Cカーブは、仰向けになり、腹筋を使い骨盤を後傾させ、背中をマットへつけた姿勢のことです。腹部の深層筋であるコアマッスルを意識しやすい姿勢で、ピラティスでは動作をキープする際によくおこなわれます。

スクープ

スクープは、腹部を背骨のほうへ引き込み、下から引き上げるようにへこませること。腹横筋を鍛えることができます。エクササイズの動作をおこなっているときに使用されることが多く、ピラティスでは基本的な姿勢の1つです。

ニュートラル

ニュートラルは、中立や中間という意味。ニュートラルポジションと言われることが多く、ピラティスにおいては、骨盤から背骨、頭が一直線になっている状態のことをいいます。基本姿勢の1つで、ピラティスの効果を最大限得るためには、身につけておく必要があります。

モビリティ、スタビリティ

モビリティは、可動域や動かしてほしいところ、スタビリティは安定性や動かさないところ、という意味。動きが悪い部分を動けるようにするのがモビリティ、正しい姿勢のために安定させるべき部分がスタビリティです。

たとえば、腹筋をうまく使うためのスタビリティは、骨盤をニュートラルに保つこと、といった使い方をします。

おすすめのピラティス施設・スタジオ

zen place pilates by basi pilates(旧:Basiピラティス)

展開エリア:東京, 店舗数:28件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

zen place pilates(旧:ピラティススタイル)

展開エリア:, 店舗数:55件

関連する記事

basiピラティスの退会・休会方法。注意点や持ち物をチェック

basiピラティスに入会したけど、怪我をしてしまっ...

2019年07月11日, ピラティス

ピラティスに必要な持ち物や、あると便利な物とは?

ヨガと似たエクササイズとして人気のピラティスは、健...

2019年07月04日, ピラティス

ピラティスはいつ時間帯に、どのくらいの時間おこなうべき?

筋肉へ効果的にアプローチできるピラティスエクササイ...

2019年07月04日, ピラティス