JOYFITYOGA(ジョイフィットヨガ)の退会方法とは?損をしないために。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

JOYFITYOGA(ジョイフィットヨガ)は、フィットネスジムのJOYFITが展開するヨガスタジオです。せっかく通い始めたけれど、通うのが難しくなった、プログラムに飽きたなど、何らかの理由で退会したい人もいるはず。

JOYFITYOGAを退会するためには、どうすれば良いのでしょうか?

退会方法は?

JOYFITYOGAを退会する場合には、店舗で直接退会手続きをおこなう必要があります。電話や郵送、メールなどでの申請はおこなえないため注意。

また、退会の手続きは契約した本人のみおこなえます。何らかの理由で本人以外が手続きをおこなう場合は、委任状をを持参することで対応してもらえます。

退会に必要なもの

退会に必要なものは、会員証と本人確認がおこなえる身分証、契約時に使用した印鑑です。身分証は、運転免許証や保険証、パスポートなどが当てはまりますが、保険証の場合は顔写真がないため、場合によっては身分証として扱われないこともあるので注意しましょう。

会費は翌月まで支払う必要がある

月額会費は、退会書類を提出した翌月分まで支払う必要があります。たとえば3月に退会書類を提出した場合、4月分の会費まで支払わなければなりません。ただしこの場合、3月に退会手続きを終えていても4月末までの利用は可能です。

どうしても利用したくない場合を除き、会費を支払った翌月末まで利用するのがおすすめ。

退会したいけどヨガは続けたいなら

退会する理由によっては、プランを変更したりすることで退会せずに解決することもあります。またヨガを継続したいときは、スタジオを変える方法もおすすめです。

プログラム数が少ない

プログラム数の少なさが理由で退会を考えている場合は、大手のヨガスタジオに乗り換えることを考えてみるのもおすすめ。

JOYFITYOGAでおこなわれているプログラム数は、大手ヨガスタジオなどと比べると、決して多くはありません。レッスン数が少ない分、迷わずに済むというメリットがありmすが、ヨガに慣れてくるとさまざまなレベルも体験してみたいと思うはず。

店舗数が業界最大手のヨガスタジオLAVAの場合、プログラム数が20種類以上用意されています。ステップアップすることも可能。また定期的に特別レッスンがおこなわれることもあり、さまざまなプログラムを楽しめます。

店舗数が少ない

2019年4月現在、JOYFITYOGAの店舗は日本全国で10店舗のみ展開しています。引越しなどで、通うのが難しくなってしまった人もいるはず。その場合も、店舗数の多い大手のスタジオを利用し直すのがおすすめです。

LAVAのほかに、ホットヨガスタジオのカルドやスタジオヨギーなどは、全国に複数店舗を展開しているため、利用しやすい店舗が見つかるかもしれません。また、これらのスタジオは追加料金を支払うことで他店舗の利用が可能な制度や全店舗が利用できるプランも用意されています。

ヨガ以外の運動もしてみたい

ヨガよりももっと体を動かしたい、しっかりと運動をしたい場合には、フィットネスジムを利用してみましょう。JOYFITYOGAの系列にもJOYFITやJOYFIT24といったジムなどが展開されています。

ジム会員になると、JOYFITYOGAが1日3,000円で利用できるため、JOYFITYOGAを退会してジムをメインに通い、たまにヨガを楽しむといった方法も可能です。またJOYFIT以外にも、カルドでは店舗によってはフィットネスマシンが併設されている店舗があり、ヨガとジムの両方が楽しめます。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ヨガのやり過ぎはデメリットしかない?無理をせず、リラックスしながら楽しもう。

手軽に始められる運動として人気のヨガですが、やり過...

2019年07月19日, ヨガ

スタジオヨギーでは、ヨガマットのレンタルが可能。オリジナルのマットも購入できる。

全国にスタジオを構えているスタジオヨギー。レッスン...

2019年07月04日, ヨガ