巻き肩をストレッチで解消しよう。姿勢を整えて、不調を解消。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチと身体の不調

巻き肩とは、肩が前に出て巻き込まれたような状態を指します。パソコンやスマホを長時間使用することの多い現代では、巻き肩になっている人が増えていると言われています。

巻き肩になると肩周辺の筋肉が緊張状態に陥り、腹筋や背筋、骨盤周辺にも影響が。体型の乱れ、肩こりやだるさと言ったトラブルの原因となります。

ここでは巻き肩をストレッチで解消する方法を紹介。バストアップにつながる効果も期待できるので、毎日の習慣にプラスして巻き肩を解消しましょう。

巻き肩とは?セルフチェックしてみよう

巻き肩とは、鎖骨辺りから肩が前方に巻き込まれているような状態です。首~肩にかけての筋肉が緊張し、肩が上がっている場合も。

自分が巻き肩かどうかをセルフチェックするには、まず自然に両手を垂らした状態でリラックスして立ちます。このとき、手の甲が体の外側を向いている場合は正常です。手の甲が少しでも前を向いていると巻き肩の可能性が高いと言われています。

巻き肩の症状

巻き肩になっていると、下記のようなデメリットが症状として現れることが多いです。

  • なで肩が気になる
  • 姿勢が悪い
  • 腕が上げにくい
  • 肩や首など、体が凝りやすい
  • バストが垂れぎみ
  • 下腹が出やすい
  • お尻が垂れている
  • 血行不良
  • 顎が前に出る

放置しておくとこれらの傾向は強まってしまうので、早めのケアが大切です。

巻き肩の原因

巻き肩を矯正するストレッチを知る前に、原因を理解しておくことでストレッチの効果を実感しやすくなります。

主な原因は、普段の姿勢です。スマホを覗き込み続けたり、パソコンでキーボードを打つために脇を締めて指先だけ動かす姿勢、イスに浅く腰掛けてお尻が前方に流れてしまっている姿勢などが挙げられます。

巻き肩を矯正するストレッチ法

巻き肩を引き起こす原因となっている姿勢を整える以外に、ストレッチも巻き肩解消に有効です。手軽におこなえるので、早速試してみましょう。

リンパも流せるストレッチ

立った状態で気軽にできる巻き肩ストレッチです。簡単な動きにも関わらず、凝り固まってしまった肩周辺の筋肉を効果的に緩めることが可能。隙間時間に取り入れてみましょう。

まずは、手を横に軽く広げて、手のひらを外向き→内向きにひねっていきます。次は、体に向かって腕を上下させましょう。再び手のひらを外向き→内向きでひねってから、肩を上下にストンと脱力させてください。

ヨガのポーズをベースにしたストレッチ

ヨガには肩周りをほぐすポーズがあります。ここでは、代表的なポーズのドルフィンポーズを紹介。ヨガは心身のバランスを整えることを目的にしているので、リラックス効果が得られるメリットもあります。

まずは、四つん這いになり、手で互いの肘を持って肩幅に距離を作ってください。前腕を互いに並行にして床に置き、手の平は下に向けます。次に、つま先立ちになって腰が1番高くなるように上げてください。

頭を下げて、胸を脚に向かって押し出して腕を上げるように肩を広げていきます。肘は床に向けて下げた姿勢で5回深呼吸しましょう。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ぎっくり腰に有効なストレッチ法とは?無理なく緊張をほぐそう。

ぎっくり腰は何気なく生活しているうちに、突如として...

2019年07月23日, ストレッチと身体の不調

貧血を解消するストレッチとは?鉄分を補給してから、血流を良くしよう。

貧血に悩んでいる人は多いはず。貧血にはさまざまな種...

2019年07月23日, ストレッチと身体の不調

花粉症に効果的なストレッチとは?鼻詰まりや体のコリを解消しよう。

花粉症とはアレルギー疾患の1つで、スギやヒノキから...

2019年07月23日, ストレッチと身体の不調