ストレッチの種類とその効果とは?適切に使い分けよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

運動の前後にストレッチをすることで、怪我を防ぎパフォーマンスを高める効果を期待できます。しかし、やり方を間違えてしまうと効果を期待できないばかりか、パフォーマンスに悪影響を及ぼしたり、怪我の要因となってしまうことも。

ストレッチには大きく分けて、スタティックストレッチ・バリスティックストレッチ・ダイナミックストレッチの3種類があり、タイミングに合わせて適切なストレッチをおこなうことが大切です。ここではストレッチの種類とその効果について、理解を深めていきましょう。

ストレッチの種類

ストレッチには大きく分けて3つの種類があります。場所を選ばずに取り組めるので、運動以外の目的としてコンディションを整えるうえでも役立つ点がメリットです。運動前後だけでなく日頃からストレッチを習慣にすることで、体の調子を整えましょう。

スタティックストレッチ

ストレッチをイメージするとき、多くの場合はスタティックストレッチが該当します。スタティックストレッチとは、同じ姿勢を数秒間維持して、筋肉を丁寧に伸ばしていく方法です。

柔軟性(静的柔軟性)を高める効果を期待できます。さらに、緊張状態にあった筋肉を柔らかくし、血行が促進されることから疲れやだるさの解消にもつながります。

バリスティックストレッチ

バリスティックストレッチとは、反動をつけて部位を伸ばす方法です。例えば、アキレス腱のストレッチをするとき、グッと反動をつけて伸ばすイメージが浮かぶはず。

反動を使うので、スタティックストレッチよりも筋肉を伸ばす効果が高いです。しかし、筋肉を無理に引き伸ばしてしまうので、筋肉や腱を痛めやすいデメリットも。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチとは、体を動かしながら筋肉を伸ばす方法です。例えば、ラジオ体操もダイナミックストレッチに該当します。心拍数が上がって体が温まり、筋肉を伸ばしやすくなる点がメリットです。

タイミングに合わせて、適切なストレッチをしよう

ストレッチには3種類ありますが、シーンによって正しいストレッチを使い分けることが大切。誤ったストレッチをおこなうと怪我につながる恐れがあるので、ストレッチの効果を実感するために理解しておきましょう。

運動前はダイナミックストレッチがおすすめ

運動前にストレッチをすることには、怪我を予防するための準備運動の意味があります。運動によって体の部位を大きく動かすとき、可動域の広さを動的柔軟性が必要です。そこで役立つのが、体を動かしながら筋肉を伸ばしていくダイナミックストレッチ。

運動前にスタティックストレッチをおこなうと筋肉の柔軟性は高まっても、筋力との関係から動的柔軟性が低下してしまい、パフォーマンスが低下する恐れがあります。怪我を予防するためにストレッチする場合は、スタティックストレッチでなくダイナミックストレッチを選びましょう。

運動後はスタティックストレッチをしよう

運動後にストレッチすることには、疲労状態にある筋肉の回復を促す目的があります。この場合は、スタティックストレッチがおすすめです。じっくりと筋肉を伸ばしていくことで、心身のリラックス効果を得られます。体の痛みや硬さなど状態に合わせながら、ゆっくりと時間をかけてストレッチするのがポイントです。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ストレッチをするときの服装は、リラックスできるかがポイント。

ストレッチをするとき、どんな服装ですればよいか迷っ...

2019年07月04日, ストレッチ

ストレッチがめんどくさいと感じたら。ハードルを上げないことが大事。

「ストレッチの大切さは理解しているけど、めんどくさ...

2019年07月04日, ストレッチ

頭痛をストレッチで緩和・予防しよう。緊張型頭痛のケアに有効。

頭痛は大きく2種類に分けられ、ズキズキと痛む片頭痛...

2019年07月04日, ストレッチ