岩盤浴で自律神経が整えられる?体の不調をケアしよう。

Siena編集部
公開, 更新 , 岩盤浴と身体の不調

汗を流すことで、健康や美容効果が期待できる岩盤浴。その他の効果に、自律神経のバランスを整えるというものも。自律神経の乱れは、体調不良の原因にもなります。風邪や何らかの病気というわけではないのに、頭痛や冷えなどの症状がすることも。

なぜ、岩盤浴で自律神経のバランスが整えられるのでしょうか?自律神経の働きについても詳しく知っておきましょう。

岩盤浴で自律神経のバランスを整えよう

岩盤浴で、自律神経のバランスを整え、体の不調を改善していくことが可能です。体を温めると副交感神経を優位にさせることができるため、リラックスすることができ、ストレスによる体の緊張状態が緩和されます。

緊張状態で優位になっている交感神経を副交感神経へ切り替えてあげることで、乱れてしまった自律神経のバランスを整えていくことができるのです。

また血行が良くなり、血液循環が正常になることでも自律神経のバランスは整えられます。そのほか、自律神経が乱れる原因の1つであるホルモンバランスを整えることも可能です。

自律神経とは

自律神経は、自分ではコントロールすることができない、内臓や血管、体温などの機能を調節する働きを担っている神経です。異なる役割の交感神経と副交感神経の2種類に分けられ、交感神経が優位になると体が活発、緊張状態に。副交感神経が優位になると、体は落ち着き、気持ちも安静状態になります。

自律神経が乱れるとどうなる?

基本的に、日中は交感神経が優位になり、夜になると副交感神経が優位になります。しかし、過剰なストレスや生活習慣の乱れによって、交感神経から副交感神経へうまく切り替えられず、交感神経が優位な状態が続いてしまうことで体を休めることができなくなってしまうため、さまざまな不調をきたしてしまうことに。

たとえば、冷えや頭痛といった体の症状から睡眠障害や抑うつといった心の症状まで、個人差はありますがさまざまな症状が現れます。

岩盤浴で自律神経を整えるポイント

ただ岩盤浴に入って横になるだけでも十分な効果は得られますが、同時にゆったりと深い呼吸を繰り返すことで、自律神経のバランスをより整えていくことができます。

ポイントは、吐く息を意識しておこなうこと。腹式呼吸がおすすめです。横隔膜に自律神経が密集していると言われており、呼吸で刺激を与えることで副交感神経を優位にさせることができます。

注意点

岩盤浴で自律神経のバランスを整えることができますが、改善のペースには個人差があります。1回だけの利用では、あまり効果が見られないかもしれません。週に1回程度の岩盤浴を最低1ヶ月は続けることが大事です。

また岩盤浴は汗を大量にかくため、1時間程度の利用が最適と言われています。暑さに慣れていないときは、のぼせやすかったり体調を崩してしまうこともあるため、自分の体調と相談しながら利用時間を決めましょう。

自律神経の乱れによる体調不良を解消したいなら

岩盤浴でも自律神経のバランスを整え、体調を改善していくことができますが、1番大事なのは規則正しい生活やストレスを溜めないこと。

とくに生活リズムの乱れは、自律神経のバランスを大きく乱すことにつながるため、適切な時間に就寝することや睡眠時間、また正しい食生活などを意識しながら生活するようにしましょう。

ストレスは、上手に発散できる方法を自分で考えておくこともおすすめ。岩盤浴のリラックス効果でストレスを緩和させるのも良いですが、その都度発散させることでストレスとうまく付き合いながら生活することができます。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

高血圧でも岩盤浴は利用して良い?注意点やルールを守ることがポイント。

リラックス効果があり、汗をかくことでリフレッシュも...

2019年07月24日, 岩盤浴と身体の不調

岩盤浴で体を温めると、筋肉痛が解消できる?数日後の利用がカギ。

筋肉痛を緩和するためには、基本的には冷やしたほうが...

2019年07月24日, 岩盤浴と身体の不調

岩盤浴で頭痛が起こる原因、対処法とは?脱水やミネラル不足に気をつけよう。

デトックスや代謝を上げようと利用した岩盤浴で、頭痛...

2019年07月24日, 岩盤浴と身体の不調