岩盤浴でPMSを緩和しよう。辛いときに利用するのがポイント。

Siena編集部
公開, 更新 , 岩盤浴

岩盤浴は、温めた鉱石の上に横になり、血流や発汗を促すもの。健康や美容効果が期待できます。岩盤浴で得られる効果は、女性特有の症状であるPMS(月経前症候群)の緩和に非常に効果的と言われています。

なぜ、岩盤浴でPMSが緩和できるのでしょうか?PMS対策として岩盤浴を取り入れ、辛い症状を乗り越えましょう。

岩盤浴でPMSが緩和できる?

岩盤浴で得られる血行促進とリラックス効果は、PMSの緩和に効果的と言われています。

岩盤浴で体を温め血流が良くなることで、ホルモンバランスが乱れることで起こる冷えを解消していくことが可能。また岩盤浴で汗をかくことで、むくみも改善していくことができます。ほかにも、血流が悪くなることで起こる下腹部痛や肩こりなどといった症状も緩和していくことが期待できます。

また体を温めることで筋肉を効果的にほぐすことができるため、体の緊張を取り除き、リラックスすることも。PMSの緩和には、体をリラックスさせることが大事です。岩盤浴の効果を利用して、自分の体を休めてあげましょう。

PMSとは

PMSは、月経前症候群とも呼ばれる女性特有の症状。生理の3~10日前に症状が現れ始め、生理が始まるとともに軽減していきます。期間や症状は、人によってさまざまです。

原因ははっきりと解明されていないものの、女性ホルモンのバランスが大きく関わっていると考えられています。またストレスが多い、不規則な生活の人がPMSになる傾向にあると言われています。

ホルモンバランスの乱れは自律神経にも影響するため、自律神経の乱れからくる不調も起こるのが特徴。そのため、心身ともにさまざまな不調が起こってしまうのです。

効果的な入り方とは?

岩盤浴を利用するタイミングは、PMSの症状がつらいと感じたときに利用するのがおすすめ。具体的には、気分の落ち込みやむくみ、冷え、腹痛などの症状が出ているとき。とくに、精神的に不調をきたしているときは積極的に利用してみましょう。

また、ただ横になっているだけでも十分効果は得られますが、呼吸を意識することでよりリラックスすることができます。ゆっくりと吸って、ゆっくりと吐くことが大事。吸う息よりも吐く息を多くすることがポイントです。

週に1回が目安

PMSが辛いからといって、週に複数回岩盤浴を利用するのはおすすめできません。岩盤浴は、高温多湿の室内で普段と異なる環境なのはもちろん、大量の汗をかくため思っている以上に体力を消耗します。

PMS以外のときであっても、岩盤浴の適正な利用頻度は週に1回程度。それはPMSのときでも変わらず同じです。そのため、生理前の岩盤浴の利用は1回程度が望ましいということになります。

様子を見ながら

PMSのときは、通常のときよりも体調が悪くなりやすいとき。高温多湿の岩盤浴に慣れていないときは、かえって体調を悪化させてしまう場合もあります。

岩盤浴は、基本的に1時間程度を目安に利用するのが良いと言われていますが、体調が優れないときは、1時間以下であってもすぐに利用をやめ、退出しましょう。

関連する記事

夜に岩盤浴を利用して、リラックスしよう。深夜まで営業している岩盤浴施設も紹介。

1日の終わりに岩盤浴を利用すると、効果的にリラック...

2019年07月04日, 岩盤浴

岩盤浴で頭痛が起こる原因、対処法とは?脱水やミネラル不足に気をつけよう。

デトックスや代謝を上げようと利用した岩盤浴で、頭痛...

2019年07月04日, 岩盤浴

岩盤浴の最適な頻度は?多くても、週に2~3回がベスト。

美容や健康などの効果が期待される岩盤浴。デトックス...

2019年07月04日, 岩盤浴