夏に岩盤浴が良い理由とは?冷えや自律神経の乱れを整えよう。

Siena編集部
公開, 更新 , 岩盤浴

夏の暑い季節でも、岩盤浴で体を温め汗をかくことがおすすめ。実は夏でも体は冷えており、暑さだけでなく冷えによる体調不良が起こりやすいのです。また気温の変化によって自律神経も乱れやすく、さまざまな症状を併発してしまうことも。岩盤浴で体を温め、体調を整えて夏を乗り切りましょう。

夏に岩盤浴で体を温めることは、体にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?冷え解消のために効果的な入り方も合わせて紹介します。

夏こそ岩盤浴が良い理由

夏の暑いときこそ、岩盤浴で体を芯から温めることで不調を解消することができます。

夏の体調不良は、外気の暑さによるもののほかに、冷房による体の冷えも原因の1つ。体温が1度下がるだけでも、風邪にかかりやすいと言われているため、薄着になる夏こそ冷えには気をつける必要があります。また冷え性の人は、季節に関係なく体が冷えているため、夏でも岩盤浴で体を温めることが改善のポイントに。

また夏の体調不良は、急激な気温変化によって自律神経が乱れることでも起こり、こりや頭痛といった症状をもたらします。

岩盤浴は、冷えを解消することができるだけでなく、自律神経のバランスを整えることも可能。冷えや自律神経の乱れなど、体調不良の原因となるさまざまな要素を一気に解消・予防することができます。

夏の冷えの原因とは?

夏の冷えは、冷房や冷たい食べ物・飲み物が原因です。冷房が効いた室内に長時間いると、皮膚表面だけでなく体の芯から冷えてしまうため、内臓から冷えてしまうことに。また自律神経の乱れは、冷えた体のまま外に出て、急激な体温の変化でバランスが乱れることで起こります。

夏の冷えを解消する効果を高める岩盤浴の入り方

夏の冷えを解消するためには、冷えた体を内臓からしっかりと温めることがポイント。岩盤浴は、仰向けで10分・うつ伏せで10分・休憩5分を2~3クール繰り返す入り方が基本ですが、うつ伏せの際に腹周りをしっかりと岩盤に付け、内臓まで熱を与えるように意識しながら入りましょう。

また、ちょっとしたストレッチや運動を加えながら入ることで、効果的に血流を良くすることも可能です。周囲の人に迷惑にならないように注意しながら、取り入れてみてください。体が温まり始めた2クール目以降がおすすめです。

骨盤ストレッチ

うつ伏せでおこなうストレッチです。スムーズにおこなえないときは、骨盤がゆがんでいる可能性があります。骨盤のゆがみは、冷えや体調不良にもつながるため、気になった人は習慣的にこのストレッチをおこなうのがおすすめ。

足先をまっすぐ伸ばし、つま先を合わせましょう。次に、つま先を離しかかとを合わせます。これを30秒ほど繰り返しおこなってください。

脚のストレッチ

このストレッチも、うつ伏せでおこないましょう。足首を持ちひざを曲げ、お尻のほうへかかとをゆっくりと引き寄せます。そのまま30秒ほどキープ。呼吸を忘れないように意識しましょう。左右3回ずつが目安です。

関連する記事

岩盤浴でリラックスしよう。効果を高めるための方法も紹介。

岩盤浴は、血流促進効果のほかに、リラックス効果が高...

2019年07月04日, 岩盤浴

岩盤浴の効果はない?目的によっては、期待と異なる場合も。

血流促進やデトックス、代謝アップ、リラックスなどと...

2019年07月04日, 岩盤浴

妊婦のとき、岩盤浴は控えよう。リスクを下げることが大事。

妊娠中は、運動不足やホルモンバランスなどでむくみな...

2019年07月04日, 岩盤浴