ストレッチの効果とは?血流を促進し、体の柔軟性を高めよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

ストレッチは大きく分けて、動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があります。動的ストレッチは、軽く動きながら体を温める準備運動のような役割です。スポーツのパフォーマンスを高め、怪我を防ぐ点で効果的。

一方、静的ストレッチは筋肉の疲労を回復させる目的で、時間をかけて筋肉を伸ばすことを指します。体の柔軟性を高め、副交感神経が優位になることでリラックス効果も。

ここでは、2つのストレッチにおける効果について理解を深めましょう。

動的ストレッチの効果

動的ストレッチは、ダイナミックストレッチとも呼ばれ、さまざまな方向に曲げ伸ばし・ひねりを加えるストレッチです。一般的に、スポーツ前の準備運動として用いられています。トレーニングやスポーツのパフォーマンスを高めたり、怪我を予防するうえで効果的です。

体の可動域を広げて、スポーツのパフォーマンスを向上させる効果

筋肉は姿勢をキープするために緊張している状態。硬くなっている状態で運動を始めても体がスムーズに動かず、トレーニングやスポーツで力を発揮できない原因に。

動的ストレッチで、体の部位を動かして筋肉に刺激を与えると、体の可動域が広がってスムーズに動かせるようになります。その結果、パフォーマンスの向上につながるのです。

怪我を予防する効果

筋肉が緊張状態で固まっているとき、運動によって急な負荷がかかると、筋繊維が切れやすくなって怪我の要因に。動的ストレッチで体を温めておくことで、筋肉に血流がまわり柔らかくなります。

激しい強度で体を動かす必要はありません。その場でジャンプしたり、軽くジョギングするなどして、ウォームアップしましょう。

静的ストレッチの効果

静的ストレッチは、運動後やお風呂上がりにおこなうのが一般的で、筋肉の疲労回復を促進させるうえで役立つと言われています。ほかにも、自律神経のバランスを整えることで、リラックス効果も。

疲労を回復させる効果

ストレッチをすることで、筋肉の疲労を軽減する可能性があることが研究で明らかになっています。疲労した筋肉の血行が良くなると、乳酸といった疲労物質が排出されるようになり、必要な酸素や栄養が筋肉へ運ばれるようになります。その結果、疲労回復の促進につながるのです。

肩こりや腰痛といった不調の改善

肩こりや腰痛といった体の不調は、その部位の筋肉が固くなっていたり、姿勢不良で筋肉に負荷がかかっていることが主な原因。

ストレッチを継続し筋肉を柔らかく保っておくと、不調の解消だけでなく予防にもつながります。

リラックス効果

ストレッチをしたときの脳波や自律神経の活動を調べた調査では、ストレッチ後は前頭葉のアルファ波が増加し、心拍数を低下させて副交感神経が優位に働くことが明らかになっています。

副交感神経はリラックス状態と関わる自律神経の1つです。お風呂上がり~寝る前に軽いストレッチを取り入れることで、睡眠の質をアップさせる効果も。

ストレッチにダイエット効果はある?

ストレッチにダイエット効果的があるのか疑問に思っている人は多いはず。

ストレッチをすることで直接的に脂肪が燃えたり、体重が減少するといった研究結果は今のところ出ていません。ストレッチは運動の強度が低く、カロリーの消費につながらないためです。

ダイエット目的でストレッチを活用したい場合は、ジョギングなどのエクササイズと組み合わせるのがおすすめ。

動的ストレッチで体を温めてから、有酸素運動やトレーニングをおこない、静的ストレッチで疲労をケアするサイクルによって、トレーニングの効果を高めることができます。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ウエストのくびれをストレッチで作ろう。腹斜筋と腹横筋が重要。

ウエストをくびれさせたい、細くしたいと考えている人...

2019年07月04日, ストレッチ

ボルダリング前のストレッチとは?柔軟性を高めて、ムーブの幅を広げよう。

ボルダリングでは手と足しか使わないと思われがちです...

2019年07月04日, ストレッチ

運動不足解消は、ストレッチをしよう。体に負担をかけず健康に。

毎日の仕事や家事に追われていると、つい陥ってしまい...

2019年07月19日, ストレッチ