筋肉太りを解消するストレッチとは?筋肉を柔らかく維持しよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

ハードな運動をしていた人に起こりやすいと言われる筋肉太り。筋肉が硬くなっている場合が多いので、解消するにはストレッチによって筋肉をほぐしてあげることが大切です。

とくに筋肉太りしやすい部位は、ふくらはぎと太もも前側・外側の筋肉と言われています。これらの筋肉は、立ちっぱなしの姿勢が長時間続いたり、普段ヒールを履くことが多い人は、筋肉が緊張することで硬くなりがち。

また、O脚や重心が前に傾いてしまうことでも硬くなってしまいます。ここでは、筋肉太り解消に効果的なストレッチについて理解を深め、筋肉を柔らかく保ちましょう。

筋肉太りをストレッチで解消しよう

筋肉太りが起こりやすい代表的な部位として、ふくらはぎ・太もも前側・太もも後ろ側が挙げられます。昔スポーツ系の部活をしていた人にも該当し、瞬発力を鍛えるための筋トレで筋肉が発達しやすいからです。

一方、太ももの裏側や内側など、普段使われにくい部位は筋肉太りが起きづらい特徴があります。ここでは、ふくらはぎ・太もも前側・太もも後ろ側を中心に、筋肉太りを解消するストレッチを紹介。

ストレッチのポイントは、反動をつけて痛みが出るまで伸ばすのではなく、無理のないところまで呼吸を続けながら伸ばすこと。筋肉の伸びを意識しながら、リラックスした状態でストレッチしましょう。

ふくらはぎの筋肉太りを解消するストレッチ

ふくらはぎの筋肉太りを解消するストレッチです。

まずは、床に座った状態で右足を内側に曲げ、左足は真横に伸ばします。上体が左足の方へ向くように両手を左のすねに添えて、上体を左足に向かって倒してください。

左のかかとを押し出すようにして、つま先が真上を向くようにしましょう。余裕がある人は、両手で左の足先を掴み、つま先を自分に向けて引き寄せてください。

この状態で呼吸を繰り返しながら20~40秒キープします。反対も同様に繰り返してください。

太もも前側の筋肉太りを解消するストレッチ

太もも前側の筋肉太りを解消するストレッチです。

床に座った状態で右ひざを内側に曲げたら、左足を真後ろに伸ばします。左ひざを曲げて、左手で足の甲を掴みましょう。

息を吐くタイミングで上体を前倒させ、左のかかとを左側のお尻に近づけていきます。余裕がある人は、右ひじを床につけて、さらにかかとをお尻側に近づけてください。

深呼吸しながら20~40秒キープしたら左手を離し、上体を起こします。反対も同様に繰り返しましょう。

太もも後ろ側~お尻の筋肉太りを解消するストレッチ

太もも後ろ側だけでなく、お尻の筋肉太りにも有効なストレッチです。

仰向けになった状態で両膝を立て、両腕は肩の高さに広げます。右足を左足に交差させ太もも同士を絡ませたら、息を吐くタイミングで両足を右に倒してください。余裕がある人は、両足を倒した状態で左足を伸ばしましょう。

この状態で深呼吸しながら20~40秒キープし、最初の位置に戻ったら反対も同様に繰り返してください。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

関連する記事

ストレッチで体質改善するには、大きな筋肉から動かして代謝アップが大事。

痩せにくい体をどうにかしたい、という人も多いはず。...

2019年07月04日, ストレッチ

ストレッチとトレーニングの違いとは?適切な順番でコンディションを整えよう。

ストレッチとトレーニングの違いについて疑問に感じて...

2019年07月04日, ストレッチ

ストレッチの効果的な時間や回数とは?筋肉の体積で異なる。

ストレッチは大きく2種類の目的に分けられ、運動前に...

2019年07月04日, ストレッチ