ストレッチの歴史とは?約50年前に、減量目的で開発された。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

ストレッチは、スポーツや日常生活で筋肉を伸ばす方法の1つ。「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」の大きく2種類に分けられ、一般的にストレッチと聞いてイメージするものは静的ストレッチです。

静的ストレッチの歴史は、まだ約50年ほど。もともとは、体重を落とすためのダイエットプログラムとして、アメリカ人のボブ・アンダーソン氏によって1968年に開発されました。

ストレッチと似ているピラティスは90年ほど前に開発され、ヨガは紀元前から存在していることと比べると、ストレッチの歴史はまだ浅いことが分かります。ここでは、静的ストレッチの歴史について理解を深めてみましょう。

ダイエットを目的に開発されたストレッチ

ストレッチは、カリフォルニア出身のアメリカ人であるボブ・アンダーソン氏によって1968年に考案されたメソッドと言われています。

ボブ・アンダーソン氏は運動不足による体重増加で悩んでいました。23歳のとき、減量するためにダイエットプログラムを開発し、当時約86キロあった体重を約61キロまで減らすことに成功しています。

ダイエット成功後、大学で体育の授業を受けているとき、長座体前屈で自分の手が膝に届かないことにショックを受けたことがきっかけとなり、ストレッチをスタート。

ストレッチが柔軟性やパフォーマンス向上につながることを発見

ストレッチ開始から数ヶ月後、ボブ・アンダーソン氏はストレッチによって体の柔軟性が向上し、マラソンやサイクリングにおけるパフォーマンスも改善できることを発見します。

さらに、ストレッチによって筋肉痛が早期に軽減されることも発見し、妻のジーン氏や仲間たちと一緒にストレッチのメソッドを作成していきました。

スポーツチームにもストレッチを普及

ボブ・アンダーソン氏は、彼が作り上げたストレッチのメソッドを、メジャーリーグやアメリカンフットボールリーグの野球チーム、オリンピックのスキーやフィギアスケートチームに指導。

プロだけでなく、フィットネスを楽しんでいる一般の人たち、障害のある子どもたちなど、幅広い人々に普及した結果、アメリカ全土に広まりました。

メソッドの集大成『ストレッチング』を出版

1975年、ボブ・アンダーソン氏はストレッチのメソッドをまとめ、妻のジーン氏と一緒に『ストレッチング』を出版。のちに世界19カ国で翻訳・発売され、300万冊が発行されています。

ジーン氏は大学でアートを専攻していたことから、本に載っているストレッチポーズの絵を担当。ボブ・アンダーソン氏がストレッチする姿を写真に撮影し、自らイラストを書いて掲載しています。

ストレッチの歴史は、まだ50年ほど

ストレッチの歴史はまだ50年ほどで、日本で発祥した加圧トレーニングと同じくらいの年数です。

現在はストレッチ専門店も増えており、自分1人でおこなうセルフストレッチだけでなく、パートナーにサポートしてもらうペアストレッチも広まっています。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ストレッチがめんどくさいと感じたら。ハードルを上げないことが大事。

「ストレッチの大切さは理解しているけど、めんどくさ...

2019年07月04日, ストレッチ

妊娠中にできるストレッチとは?血流を改善して、リラックス。

妊娠中は運動不足に陥りやすく、肩こりや腰痛、便秘と...

2019年07月04日, ストレッチ

頭痛をストレッチで緩和・予防しよう。緊張型頭痛のケアに有効。

頭痛は大きく2種類に分けられ、ズキズキと痛む片頭痛...

2019年07月04日, ストレッチ