基礎代謝を上げるストレッチとは?血行を促進させ、筋肉をほぐそう。

基礎代謝を上げるストレッチとは?血行を促進させ、筋肉をほぐそう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

「ダイエットをしているけれど、効果がなかなか出ない」と悩んでいる人もいるはず。原因の1つには、基礎代謝の低さが挙げられます。

基礎代謝が低下する要因は、筋肉が緊張状態に陥ってしまい硬くなること。長時間同じ姿勢を取ることが続いたり、運動不足の状態では血行が悪くなってしまい、結果として基礎代謝も低下してしまいます。

硬くなってしまった筋肉をほぐすには、ストレッチが有効です。深呼吸しながら体を伸ばすことで、副交感神経が優位になり、リラックス効果も期待できます。

ここでは、基礎代謝アップに効果的なストレッチを紹介。毎日継続して、血行を促進しましょう。

足のむくみを解消し、代謝アップにもつながるストレッチ

デスクワークなどで長時間同じ姿勢が続くと、筋肉に刺激が加わらず、筋力が衰えてしまいます。血液が心臓へ戻る力が弱くなり、むくみが生じる要因に。このストレッチでは、老廃物を流し代謝アップにもつなげることができます。

ストレッチの方法

まず、両足を肩幅より広めに開き、つま先を外側に向けた状態で立ちます。両手を両膝に添えて腰を落としていきましょう。

息を吐きながら2回お尻を下げたら、息を吸いながら両手を天井に向けて一気に伸び上がります。このとき、つま先立ちになるように、かかとを上げましょう。この動作を10~15回ほど繰り返してください。

お尻~脇腹をほぐし、基礎代謝をアップさせるストレッチ

むくみや冷えの解消、ウエストのシェイプアップにも効果を期待できるストレッチです。膝に痛みがある人は、痛みを感じないとことまで足を開きましょう。

ストレッチの方法

まず、両手を肩の高さで真っ直ぐ伸ばし、手首の真下に足首がくるように足を開いたら、つま先は斜めに向けておきます。

息を吐くタイミングで、お腹を腰に引き寄せてください。次は両手を床につけて、体の後ろを全体的にストレッチしていきます。

このまま両手・指先を右側に移動させ、お尻の左側~脇腹にかけて伸ばしたら、左足裏~脇腹や脇の下を伸ばしましょう。反対側も同様に繰り返してください。

1日1分を週3回ほど、3週間を目安に継続しましょう。

筋肉量を増やすことで代謝を上げるストレッチ

筋肉量が減ってしまうと代謝が下がり、今まで消費できていたエネルギーを消費できなくなるので、脂肪が体につきやすくなる原因に。このストレッチでは、体のなかでも筋肉量が多い下半身を刺激し、代謝を良くする効果を期待できます。

太もものシェイプアップやヒップアップをはじめ、ふくらはぎやアキレス腱もストレッチできるので、むくみが解消されて美脚効果も。さらに、内臓にも圧力が加わるので腸にも効果的です。

ストレッチの方法

まず、姿勢を正した状態で立ちます。お尻を引くイメージで股関節を折りこみ、膝とつま先の向きを揃えてください。この状態のまま、息を吐きながらゆっくりとしゃがみこみましょう。

股関節を折りこむ感覚が分かりづらい場合は、背中を床と並行にするイメージで深く折り曲げてから、膝を曲げるのがおすすめ。太ももの付け根に指を挟める感覚を掴めたら、正しくできている証拠です。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ウエストのくびれをストレッチで作ろう。腹斜筋と腹横筋が重要。

ウエストをくびれさせたい、細くしたいと考えている人...

2019年07月04日, ストレッチ

末端冷え性は、簡単にできるストレッチで改善しよう。

手足の先が冷える末端冷え性は、多くの女性が悩む症状...

2019年07月04日, ストレッチ

運動不足解消は、ストレッチをしよう。体に負担をかけず健康に。

毎日の仕事や家事に追われていると、つい陥ってしまい...

2019年07月19日, ストレッチ