ストレッチから分かる体年齢とは?生活習慣とストレスからもチェック。

ストレッチから分かる体年齢とは?生活習慣とストレスからもチェック。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

実年齢と比べて、体年齢が若いかどうか気になっている人もいるはず。体年齢を知る方法には、ストレッチで筋肉の硬さを部位ごとにチェックする方法があります。

ここでは、基本的なストレッチによって体年齢を確認する方法を紹介。体年齢に合わせて、おすすめのストレッチも紹介しているので、体をしなやかに保つために実践してみましょう。

基本のストレッチで体年齢をチェックしてみよう

基本のストレッチをおこなったとき、下記の項目に該当していないかチェックすることで、体年齢を知ることができます。

  • 前屈したとき、手のひら・指先が床に届かない
  • かかとを床につけた状態で、しゃがむことができない
  • あぐらをかいた状態で、膝を床に近づけることができない
  • 骨盤を立てた状態で開脚できない
  • 背筋を伸ばし骨盤を立てた状態で長座できない
  • 体の後ろに両手をまわし、手をつなぐことができない

生活習慣やストレスの度合いも合わせてチェック

生活習慣やストレスも体の硬さに影響を与えている要因なので、ここからは生活習慣も合わせてチェック。

  • 運動不足に陥っている
  • 運動しても汗をかきづらい
  • 仕事でストレスや緊張を感じやすい
  • 仕事でパソコンを使うことが多い
  • スマホを1日1時間以上使用する
  • しゃがんだ状態から立ち上がるとき、膝が痛む
  • 便秘になりやすい
  • 慢性的な頭痛を抱えている
  • 辛い肩こりや腰痛が続いている
  • 体が冷えやすい
  • 目が疲れやすい
  • 入浴はシャワーで済ませ、毎日湯船に浸かっていない
  • 睡眠時間は多くても、疲れが回復していない
  • 起床したとき、手がしびれる
  • 寝ているときに歯ぎしりをしてしまう
  • 夏より冬の方が好き
  • 水分をあまり摂らない
  • 膝を抱えた状態で足の爪を切りにくい
  • 硬い床に寝転がると痛みを感じる

これらの項目で、合計何個該当したか計算してみてください。

0~8個当てはまっていたら、体年齢は10~20代

当てはまる項目が0~8個の場合は、体年齢が10~20代と言えます。定期的に運動する習慣があり、ストレス度も低め。筋肉の緊張状態も少ないので、体年齢は若いと言えます。

現状の生活スタイルを維持しつつ、リラックスタイムを1日30分ほど確保することでさらにストレスや緊張をリリースできるはず。

おすすめのストレッチ

寝る前にできる簡単なストレッチを紹介。仰向けになって両手を真っ直ぐ上げたら、手は上に足のつま先は下に向かって伸ばしてください。気持ちよく感じられるところで20~40秒キープしたら、脱力しましょう。

9~19個当てはまっていたら、体年齢30~40代

当てはまる項目が9~19個の場合は、体年齢が30~40代と言えます。日頃運動する機会が少ないと感じているなら、まずは好きな運動を見つけて週に1~2回を目安に続けてみましょう。

運動する前には、その場で軽くジャンプをしたり体を動かしながら筋肉をほぐす動的ストレッチで、ウォームアップすることが大事。

デスクワークの時間が長い人は、肩甲骨や腰まわり・下半身の筋肉が緊張しがちなので、これらを積極的に緩める必要があります。ストレッチと合わせて、睡眠や入浴を見直してみましょう。

おすすめのストレッチ

デスクワークで凝りがちな、肩甲骨をほぐすストレッチを紹介。

両手を真っ直ぐ伸ばして交差させ、肩の高さまで上げたら後方に10回ほどグルグルまわしましょう。肩と肩甲骨が連動する軸ができるので、効率よく肩周りを動かすことができます。

20~26個当てはまっていたら、体年齢50~60代

当てはまる項目が20~26個の場合は、体年齢が50~60代と言えます。運動不足とストレスの影響から体がこわばってしまい、実年齢よりも高くなっている恐れがあります。

まずは、階段を使うなど日常で運動する習慣を作り、ストレスを発散させることが大切です。さらに、衰えてしまった筋肉を強化するために、スクワットなどの筋トレを取り入れるのもおすすめ。

おすすめのストレッチ

背中~腰にかけて位置する筋肉を伸ばすストレッチを紹介。

両手を組んで前に出し、背中を真っ直ぐ伸ばします。呼吸を止めずに息を吐き続けながら、膝の向きが横になりすぎないように、つま先と同じ向きにしてください。

関連する記事

妊娠中にできるストレッチとは?血流を改善して、リラックス。

妊娠中は運動不足に陥りやすく、肩こりや腰痛、便秘と...

2019年07月04日, ストレッチ

イスに座った状態でできるストレッチ法とは?血行を促進しよう。

デスクワークで同じ姿勢を長時間取り続けてしまうと、...

2019年07月04日, ストレッチ

生理不順やPMSをストレッチで改善しよう。股関節をほぐすのがカギ。

月経周期が25~37日内でずれる場合はあまり心配あ...

2019年07月04日, ストレッチ