夏におすすめのストレッチとは?コンディションを回復させよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

夏は、一般的に基礎代謝が落ちやすいと言われています。季節的な要因だけでなく、普段の生活やクセで体に歪みが生じたり、筋肉が緊張状態に陥ってしまい上手く使えていないことも原因です。

ヒトの代謝は7割が基礎代謝で占められています。基礎代謝とは、何もしていなくても消費されているカロリーのこと。基礎代謝を上げるには、ストレッチで歪みや緊張を解消させることが大切です。ストレッチを継続して体のコンディションを取り戻しましょう。

首~肩をほぐして、目覚めをスッキリさせるストレッチ

首や肩周辺の筋肉が緊張し、凝り固まっていると眼精疲労やだるさにつながります。さらに、なかなか眠りにつけず睡眠不足になりやすいので、朝の目覚めがスッキリせず代謝が低下した状態で1日のスタートを切ることに。

首~肩周りに位置する筋肉をほぐして、目覚めの良い状態で1日を始められるようにしましょう。

ストレッチの方法

まず、両肩の力を抜いた状態で立ち、両手を体の横に添ておきます。あごを上に向け、天井を見上げてください。首に痛みを感じる人は、無理のないところまでで構いません。

両肩の位置が並行になるように整え、両手を背後にまわして耳を肩に近付けていきます。この姿勢を10秒キープし、3回を目安に繰り返してください。

肩の位置が動いてしまうと、ストレッチの効果が薄まってしまいます。体の後ろで組んだ手は体の中央に固定させておくと、肩のブレを防ぐことができます。

肩甲骨の可動域を広げるストレッチ

基礎代謝を上げるには、筋力アップも必要。肩甲骨の周辺には、脂肪を燃やすサポートをする褐色細胞が存在しています。ストレッチによって肩甲骨の動きをスムーズにし、可動域を広げることで褐色細胞を活発にすることが可能。

脂肪が燃焼されやすくなり、エネルギー量が増えることで疲労回復にもつながります。

ストレッチの方法

まずは、姿勢を正した状態で立ち、手のひらを内側に向けて真っすぐ上げたら、腕は耳の横につけてください。手のひらを外側に向けながら、肩が水平になるよう腕をゆっくり下ろしていき、この状態を10秒キープしましょう。

手のひらで壁を押す意識でおこなうのがポイントです。手のひらを外側に向けたまま、ひじをさらに下げて、肩甲骨を寄せてください。この状態を10秒キープさせましょう。この動作を5回ほど繰り返してください。

睡眠の質をアップさせるストレッチ

夏の疲労を回復させるには、睡眠が大事。睡眠の質を上げるためには、体の歪みを改善しておく必要があります。骨盤のなかでも自律神経と関係がある仙骨部分の歪みを整えると、少ない睡眠時間でも質の良い睡眠につなげることが可能です。

ストレッチの方法

まず、仰向けになったら右足を軽く曲げます。床は腰につけておき、右太ももの上に左足を乗せてください。左膝を直角にしておくのがポイントです。

両手で右の太もも裏を掴んだら、自分の方に引き寄せていき、そのまま10秒キープします。左右5回を目安に繰り返してください。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

スタティックストレッチとは?筋肉を緩め、疲労を解消する効果も。

スタティックストレッチは1975年以降、運動後のパ...

2019年07月04日, ストレッチ

基礎代謝を上げるストレッチとは?血行を促進させ、筋肉をほぐそう。

「ダイエットをしているけれど、効果がなかなか出ない...

2019年07月04日, ストレッチ

寝る前のストレッチで睡眠の質を高め、翌朝スッキリ目覚めよう。

寝ても疲れが取れない、目覚めが悪い、といった悩みを...

2019年07月04日, ストレッチ