ストレッチをするときの服装は、リラックスできるかがポイント。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

ストレッチをするとき、どんな服装ですればよいか迷っている人もいるはず。基本的には、動きやすくリラックスできる服装であれば構いません。

しかし、相手にサポートしてもらいながらおこなうペアストレッチでは、下着が透けにくい服装を選んでおくと、集中してストレッチに取り組めるのでおすすめです。

ここでは、セルフストレッチをするとき・ペアストレッチをするときにおすすめの服装を紹介します。ストレッチの効果を実感しやすくするために、服装にも気を配ってみましょう。

ストレッチをするときの服装

自宅など1人でストレッチをする場合は、部屋着やジャージなど動きやすく、リラックスできる服装がおすすめです。一方、相手に伸ばしてもらうペアストレッチでは、下着が透けにくい素材を選んでおくと、透ける心配がなくなるのでストレッチに集中しやすくなります。

セルフストレッチにおすすめの服装

1人でストレッチをするときは、リラックスできるかが重要です。体が緊張してしまうと筋肉が縮まってしまい、ストレッチの効果が薄まってしまいます。

基本的には部屋着やジャージで構いませんが、ストレッチではウエストや関節をひねる動作もあるので、動作に支障が出ないように、適度にゆとりのある服装がおすすめ。

伸縮性のある生地を選ぶと、スムーズにストレッチできます。

セルフストレッチで避けるべき服装

ストレッチの妨げとなるので、ジーンズなど締めつけの強い素材は避けましょう。また、ボタンやファスナーがついた服装は体を伸ばしたときに肌にあたり、痛みを感じてしまう恐れも。

装飾の少ないシンプルな服装を選んだ方が、ストレッチに集中しやすくなります。

ストレッチ専門店などで指導してもらうペアストレッチでおすすめの服装

相手にサポートしてもらうペアストレッチでも、セルフストレッチでおすすめ・避けるべき服装と基本的には変わりません。しかし、ストレッチ専門店などでプロのストレッチトレーナーに指導してもらう場合は、下着が透けないような服装を選んだ方が集中しやすくなります。

ペアストレッチで避けるべき服装

Tシャツにタイツだけ、といった服装は下着が透けがちです。下着が透けたり、ラインが出てしまうのを防ぐには、レギンスの上からショートパンツを履いたり、シームレスの下着を選ぶのがおすすめ。

ストレッチ専門店などでは、着替えを無料でレンタルしている店舗もあるので、事前に確認しておくと安心です。

肌触りで服装を選ぶのもおすすめ

体をリラックスさせるには、肌触りを重視するのもおすすめ。化学繊維の生地も多いですが、コットンやレーヨンといった天然素材を選ぶと、肌触りが良く吸湿性も高いので、ストレッチに適しています。

下着の選び方

ストレッチは強度の高い運動ではないので、スポーツ用の下着を用意する必要はありませんが、体を動かしたときに下着のフック・ワイヤーなどが擦れて、痛みを引き起こす恐れもあります。

気になる場合は、スポーツ用の下着を着用しましょう。ノンワイヤーや伸縮に優れたもの、吸湿速乾など機能性に優れているものがおすすめ。

関連する記事

ウエストのくびれをストレッチで作ろう。腹斜筋と腹横筋が重要。

ウエストをくびれさせたい、細くしたいと考えている人...

2019年07月04日, ストレッチ

お風呂でできるストレッチとは?リンパマッサージで効果アップ。

ストレッチをしたいけど、忙しくて時間が取れない人に...

2019年07月04日, ストレッチ

睡眠の質を高めるストレッチ。寝る前に体をほぐそう。

寝ても疲れが取れない、スッキリと起きられない、とい...

2019年07月04日, ストレッチ