ピラティスで足首を強化して、怪我から回復しよう。予防にも効果的。

Siena編集部
公開, 更新 , 身体の部位・筋肉別ピラティスの方法

足首をねんざする原因の1つに、筋力低下や関節の可動域が狭いことが考えられます。足首が弱いと、ねんざなどの怪我をしやすくなるだけでなく、体の筋肉・骨格バランスの乱れにつながるリスクも。足首を強化することには、ピラティスが適しています。

ピラティスは、全身の筋肉を鍛えることができる運動。足首の筋肉も、もちろん鍛えられます。それだけでなく、足首だけに負荷がかからないように、上半身や足の筋肉を強化することも可能です。

なぜピラティスが足首の強化に効果的なのでしょうか?詳しい理由を解説します。

ピラティスは、足首の強化に最適

ピラティスは、体の土台となる足首の強化に適した運動です。インナーマッスルを鍛えることで全身を使って姿勢を支えることができるため、足首の負担を軽減できます。また骨格バランスを整えたり、筋肉の柔軟性を上げる効果のほかに、関節の可動域を広げることも可能。体を動かしやすくなるため、怪我の予防にもなります。

足首は、立っているときに体を支えている部位。体重の負荷がかかるため、しっかりと強化することが大切です。足首が不安定な状態は、ねんざのリスクが高くなります。

ねんざはクセになりやすいので注意

ねんざは、足首が不自然に捻られてしまうことで関節の靭帯などを傷める怪我。体のどの部位にも起こりますが、足首などに多く見られ、痛みや腫れを伴うのが特徴。

ねんざが起こる原因に、足首の筋力不足があります。しっかりと地面を踏みしめる力やあらゆる方向へ動いたときに対応するためには、筋肉が重要。筋力がなく、足が安定していないことが原因でねんざを起こしてしまう場合、ちょっとの傾きで足をひねってしまうことにつながり、ねんざがクセになってしまうのです。

ねんざを放っておくと?

ねんざしても、ひどい場合でなければ痛みや腫れが引けば元通りの生活を送ることができます。しかし、筋力増加や柔軟性を上げなければ再び繰り返し、慢性化してしまう可能性も。また骨折してしまうリスクも高まるため、ねんざを繰り返す場合は放っておかないようにしましょう。

足首を強化するメリット

足首を強化することで、体の中心部にある筋肉をしっかりと支えることができるようになります。体幹部にあるインナーマッスルが強化されても、足首の筋力が弱いと立っているときにうまくバランスを取ることができません。体の筋肉量にも部位によって差がついてしまったり、左右で異なってしまうこともあるため、肩や腰の痛みを発生させてしまうことも。

また筋肉だけでなく、骨格をゆがませてしまうリスクもあります。体のゆがみは骨盤や背骨ばかりが注目されますが、骨盤を安定させるには、足を安定させることも大事です。

ピラティスは、筋肉と骨格バランスも整えられる

ピラティスエクササイズは、インナーマッスルを含めた全身の筋肉を刺激することが可能。必要な筋肉をしっかりと鍛えることで、体を正しく動かすことができるようになるため、生活習慣やクセ、また筋力低下によってゆがんでいた骨格を整えることもできます。

ピラティスを始めるならスタジオへ

ピラティスは、足首の強化や怪我の回復・予防など、さまざまな効果を期待することができますが、その効果はピラティススタジオでしっかりと基礎から学ぶことで得られます。DVDなどを使って自宅でおこなうこともできますが、怪我の予防や回復は、スタジオでしっかりとした体の動きを身に付ける必要があります。

とくに、現在ねんざしている人や過去に怪我をしたことのある人、また初心者はスタジオに通いましょう。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

zen place pilates(旧:ピラティススタイル)

展開エリア:, 店舗数:55件

zen place pilates by basi pilates(旧:Basiピラティス)

展開エリア:東京, 店舗数:28件

ホットヨガスタジオ美温

展開エリア:, 店舗数:19件

関連する記事

ピラティスで、膝の痛みを改善しよう。筋肉強化と骨格矯正で、予防にも役立つ。

さまざまな理由で膝の痛みは起こります。加齢によって...

2019年07月23日, 身体の部位・筋肉別ピラティスの方法

ピラティスで背中を引き締める方法。背筋の強化や猫背矯正にも。

ピラティスは、骨格や筋肉を正しい位置に戻す効果のあ...

2019年07月23日, 身体の部位・筋肉別ピラティスの方法

ピラティスで二の腕を引き締める方法。たるみ解消に効果的。

ピラティスは体に負担をかけることなく、バランスよく...

2019年07月23日, 身体の部位・筋肉別ピラティスの方法