自律神経の乱れをヨガで整えよう。ポーズと呼吸でリラックス。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガと身体の不調

自律神経の乱れは、気がつかないうちに起こっています。原因不明の症状が現れる場合は、自律神経の切り替えがうまくいかなくなっている状態。乱れを整えなければ、不調が改善されることがないため、自律神経をうまく働かせるように生活習慣を見直すことが大事です。

また、自律神経の乱れを効果的に整えられるのがヨガです。初心者でも取り組みやすい運動なので、自律神経を整えたいときは簡単にできるポーズから始めてみるのがおすすめ。

一体なぜ、ヨガで自律神経を整えられるのでしょうか?自律神経についての知識を深めながら、ヨガのポーズも実践してみましょう。

自律神経の乱れにはヨガが効果的

ヨガでおこなう呼吸、またポーズによって血行を促進させ代謝を上げることができるため、乱れた自律神経のバランスを整えることが可能です。自律神経が乱れると、心身ともに不調をきたします。

心の不調は、不安やイライラ、憂うつな気分が続いたり、集中力の低下や無気力などが現れ、体の不調は頭痛や胃痛、疲労感、肩こり、動悸、多汗、めまい、不眠など、種類はさまざま。体の不調が起きているのに、風邪を患っているわけではない場合は、自律神経の乱れによって症状が起こっている可能性が高いと言えます。

自律神経とは?

自律神経は、内臓や血管などをコントロールしている神経。たとえば、消化器や循環器を働かせたり、体温を調節するなどの働きがあります。神経といっても、自らの意思で働きを変えることは不可能です。

自律神経には、日中の活動時や運動時、またストレスを感じている際に優位になる交感神経と、睡眠時や安静時、リラックスしている際に優位になる副交感神経の2種類あり、約12時間ごとに役割を交代。自律神経は昼夜関係なく働き、体の状態を常に調節しています。

自律神経が乱れる理由とは?

自律神経が乱れる、というのは、交感神経と副交感神経がうまく切り替えられなくなっている状態。自律神経の切り替えがうまくいかなくなる理由は、ストレスや不規則な生活習慣が原因となっていることが多く、女性の場合はホルモンバランスの乱れも考えられます。

交感神経が優位な状態が継続的に続き、体が常に緊張していると、休息を取ることができなくなるため不調が現れます。また就寝時になっても副交感神経が優位にならず、交感神経が優位な状態が続くことで睡眠の質が低下。生活リズムの崩れは、自律神経の乱れにつながるため悪循環になります。

自律神経の乱れを整えるおすすめのヨガポーズ

おすすめのヨガポーズは、全て初心者でも簡単におこなえて、生活に取り入れやすいものばかり。起床時や就寝前など、習慣にしやすい時間帯におこなうのがおすすめです。

猫のポーズ

四つん這いになり、手は肩幅に、足は腰幅に開きましょう。息を吐きながら背中を丸め、視線をおへそへと向けます。次に、息を吸いながら背中を反らせ、胸を開き、視線を斜め上に向けてください。丸めて反らす、の動きをゆっくりと繰り返しおこないましょう。

コブラのポーズ

うつ伏せになり、手は胸の横につきます。足は腰幅に開きましょう。腕をできるたで体に近づけます。息を吸いながら状態をゆっくりと起こしていき、背筋を伸ばしてください。視線は、正面か斜め上あたりを見るようにしましょう。そのまま呼吸を繰り返しながらキープします。

魚のポーズ

仰向けになります。足は揃えた状態で伸ばし、手のひらを下に向けて手をお尻の下へ。両腕は伸ばした状態のまま、肩甲骨を引き寄せていきます。息を吸いながら、ゆっくりと胸を上げてください。同時に、首を伸ばしていき頭頂部を床につけます。腕で体を支え、ゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。

ヨガの呼吸法で副交感神経をリラックスさせる

ヨガは、ポーズをする際に腹式呼吸をおこないます。吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにへこませる方法。鼻で呼吸をします。副交感神経を優位にさせる効果があると言われており、自律神経が乱れているときは腹式呼吸をおこなうことで、バランスを整えていくことが可能です。

ヨガのポーズでなくても、ストレスを感じたときや就寝前など、リラックスさせたいときに腹式呼吸だけおこなうのも効果的。お腹を使った呼吸は普段の呼吸とは異なるので、少し難しいかもしれませんが、練習を重ねて習慣づけてみましょう。

ストレスを発散して溜めないことが大事

自律神経の乱れは、ストレスが根本の原因になっている場合が多いため、ヨガはもちろんさまざまな方法でストレスを発散させることが大切です。ストレスを溜め込むことで、自律神経が乱れる以外にも免疫力の低下を招いて風邪を引きやすくなったり、精神的な疾患にかかってしまうことがあります。

自分がリラックスできる方法を見つけ、日々の生活で実践していくことでストレスをその都度発散することが可能。ストレスを受けないことは、ほぼ不可能なので、うまく発散する方法を見つけるほうが良いかもしれません。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

ヨガで肩こりを解消しよう。血行改善と姿勢の矯正がカギ。

体の不調として代表的なのが肩こり。仕事や日々のスト...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

ヨガは冷え性改善にピッタリ。血流を促すポーズで温まろう。

多くの女性が悩まされる冷え性。放っておくと肩こりや...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

ホットヨガでむくみ解消。血行を改善して、老廃物を排出する体へ。

体のだるさや重さを軽減するために、むくみ解消の方法...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調