五月病でやる気がなくなったら、ヨガをしよう。おすすめのポーズも。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガと身体の不調

五月の連休明けに訪れる五月病。だるさや憂うつ感、集中力の低下といった症状などが見られます。ストレスや生活環境が変化することが要因です。五月病を予防・改善するには、ストレスの発散がポイント。効果的にストレスを発散する方法として、適度な運動がおすすめですが、とくにヨガが最適です。

ヨガは、初心者でも問題なく楽しめる運動。全身を使うので、気分をリフレッシュすることができます。またストレス解消や体に不調が現れる原因となる自律神経のバランスを整える効果も。ヨガで五月病を解消しましょう。

五月病は、ヨガで解消しよう

五月病は、ゴールデンウィーク明けに起こりやすい体の不調や集中力の低下、抑うつ症状などのこと。やる気がでなかったり、疲労感が強かったりするだけでなく、食欲減退や不眠などの症状が現れることも。原因はストレスだと言われており、進学する年代や新入社員といったような生活が新たに切り替わる人に多く見られます。

五月病の予防には、ストレス発散が重要。また五月病かもしれないときも、ストレスを発散して気分転換をすることが効果的です。

ヨガは、ストレス解消に効果的です。適度な運動なので、程よく疲れることができ、気分をリフレッシュすることが可能。また体の不調は自律神経の乱れも考えられるため、バランスを整えることも有効。ヨガの呼吸とポーズは、リラックス時に活発な状態になる副交感神経を優位にさせてストレスを解消するのと同時に、自律神経のバランスを整えて体の不調を取り除くことが期待できます。

季節の変わり目で体調を崩しやすいときにも

五月病は環境の変化によって起こりますが、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあります。ストレスが溜まっている状態は免疫が下がるため、風邪を引きやすい状態。ヨガは、代謝を高めることで免疫を上げることも可能です。また副交感神経が優位になることでも免疫が上がります。

五月病におすすめのヨガポーズ

ヨガポーズをおこなうポイントは、ゆっくりと呼吸を繰り返すこと。副交感神経を効果的に優位にさせられます。また、骨を痛めないようにタオルやヨガマットなどを使用しましょう。

猫のポーズ

両手と両ひざを床につけ、四つん這いの状態になります。手は肩幅、足は腰幅に開きましょう。ゆっくりと息を吐きながら、手で床を押すようにして背中を丸めます。目線はおへそに向けてください。次に、息を吸いながらゆっくりと背中を反らせます。腰から徐々におこなうのがポイント。胸を開き、目線は斜め上を見ます。

鳩のポーズ

右足に重心がくるように横座りをし、左足は後ろへ伸ばしてください。内側に左足を回し、骨盤を正面に向けます。体の横に手をつき、背筋を伸ばしましょう。左足のひざを曲げ、そのまま左ひじに引っ掛けるようにします。腹部を持ち上げるように状態を起こしてください。

右手を前にまっすぐ伸ばしたら、ひじを曲げて頭の後ろへ伸ばし、左手をつかみます。そのまま深呼吸してキープ。反対の足でもおこないましょう。

ダウンドッグ

手は肩幅に、足は腰幅に開いた状態で四つん這いになります。足のつま先をたて、手を前に移動させたら、少しずつひざを床から離し、腰を持ち上げましょう。横から見たときに三角形が作られているのが理想ですが、無理のないところまで手とひざを伸ばしてください。かかとはなるべく床へ近づけたら、そのまま深呼吸をしましょう。

腹式呼吸で五月病の緩和

ヨガでおこなう腹式呼吸は、副交感神経を優位にさせることができるため、体を動かすのが面倒なときは呼吸だけでも問題ありません。

方法は簡単です。息を吸うときに腹部を膨らませ、息を吐くときに腹部をへこませます。3秒吸って、6秒吐くことから始め、徐々に秒数を伸ばしていきましょう。ゆっくりと鼻で呼吸をおこなうのがポイントです。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

ヨガは冷え性改善にピッタリ。血流を促すポーズで温まろう。

多くの女性が悩まされる冷え性。放っておくと肩こりや...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

ヨガで筋肉痛になる原因とは?部位ごとの対処法を知って、痛みを乗り越えよう。

近年、多くの女性のあいだで人気が高まっているヨガ。...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

ヨガで腰痛が治る場合と悪化した場合の対処法。

ヨガは、体の歪みや姿勢の悪さを矯正できるので、腰へ...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調