妊活にヨガがおすすめの理由とは?ポーズも合わせて紹介。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

妊娠するためには、体の状態を正しく整えておくことが大切です。心身ともに健康でストレスがない状態に保っておくことは、重要なポイント。また妊娠後や出産、子育てに向けて、健康的な体を作っておくことにもメリットが大きいため、ヨガで妊娠しやすい体作りをしましょう。

産婦人科やスタジオなどでも、妊活ヨガとしてプログラムが用意されているところも。スタジオに通わなくても自宅で手軽に取り組めるので、忙しい人にもヨガがおすすめです。

ヨガを妊活に取り入れるメリットとは、一体どのようなものがあるのでしょうか?おすすめのポーズも合わせて解説します。

妊活ヨガとは

妊活は、妊娠しやすい体作りをおこなう必要があります。妊娠しやすい体とは、各機能が正常に働いており、心身ともにストレスが少ない状態。規則正しい生活・適度な運動・ストレス解消などがポイントになります。

ヨガは、妊活に大切な条件をサポートできる運動です。体に負担のかかりにくい適度な有酸素運動なので、心地良い疲労が得られます。体にとってちょうど良い負荷の運動は、規則正しい生活へとつなげていけることも可能なだけでなく、ストレス発散にも効果的。妊活ヨガには、妊娠を希望する女性にとってメリットが多数あります。

体へのメリット

妊活ヨガで得られる体へのメリットは、主に下記があげられます。

  • 血流促進効果で内臓から体を温められる
  • 骨盤のゆがみを整えられる
  • ホルモンバランスを整えられる

妊娠しやすい体作りのためには、冷えや体のゆがみを改善することが大事。とくに体が冷えてしまうと、子宮の働きが弱まってしまうことにつながります。体の不調にもつながるため、ヨガポーズと呼吸法で体を動かし代謝を上げることで、内臓からしっかりと温めることが可能です。

またポーズによって体に筋肉がついてくると、姿勢の改善につながります。ヨガポーズは正しい姿勢でおこなうことがポイントなので、自然と良い姿勢の状態が保てるように。日常生活のクセなどによってゆがみが起こった骨格の矯正にも効果的です。

女性ホルモンの乱れによって起こる体調不良は、自律神経の乱れを併発していることが多いため、自律神経のバランスを整えることで体の不調を取り除くことが期待できます。ヨガは呼吸法とポーズによって自律神経の乱れを整えることができるため、不調が改善でき、ストレスを減らすことが可能な運動です。

心へのメリット

心に現れるメリットとしては、下記があげられます。

  • ストレスが解消できる
  • 妊娠のプレッシャーを緩和できる

健康的な体において、ストレスの解消は重要なポイント。ストレスが溜まることで自律神経が乱れ、体に不調をきたしやすくなります。ストレス発散方法は人によってさまざまな方法がありますが、適度な運動もストレス発散に効果的。ヨガはゆったりと体を動かすため、疲れにくいのが特徴ですが、全身を使うので適度な疲労を得られます。

また妊活中は、妊娠したかどうかのプレッシャーに悩むことも。落ち込んだ気持ちを引きずらないために、定期的にヨガで発散する方法はおすすめです。

妊活ヨガをおこなう上での注意点は?

ヨガは初心者でも簡単におこなえる運動ですが、いくつか注意点も。また妊娠が分かったら、ヨガは一旦休んで、体を労わることが大切です。

自宅でヨガをやるときは

ヨガは初心者でも気軽におこなえ、自宅でも楽しめる運動ですが、自宅でおこなう場合にはいくつか注意点があります。

体を痛めないように、ヨガマットは必ず使用しましょう。マットがない場合は、厚さのあるバスタオルでも問題ありません。手や足が滑ったりして転倒してしまうことが心配なら、マットを用意したほうが安全に楽しめます。

また、正しい体の動きや呼吸法、ポーズのキープ時間などを把握するために、DVDや本を用意するのがポイント。スタジオへ通わなくても基礎を身に付けることができます。おすすめは、体の動きを細かく把握できるDVDや動画です。

高温期は避ける

高温期は基礎体温が1ヶ月の中で最も高くなる期間。高温期には、受精卵が着床している場合、妊娠できている可能性が考えられる期間でもあります。万が一を考えて、高温期は運動を控えるのが無難です。

ただ高温期は比較的長く、また体の変化が伴うのでストレスも溜まりやすいのが特徴。妊活にとってストレスは大敵なので、完全に辞めるのではなく、動きの少ないポーズや体に負担のかからないポーズをおこなうのがおすすめです。

妊娠したことが分かったらやめる

妊娠したことが分かったら、ヨガは控えましょう。妊娠中でもヨガをおこなえますが、安定期からが推奨されています。妊娠初期は体の変化が多く、心身ともにつらくなる時期なので、無理は避けゆっくり休息を取ることが大事です。

妊活におすすめのヨガポーズ

妊活におすすめなヨガポーズにはいくつかありますが、今回は骨盤周りのゆがみを解消したり、血行を良くするポーズをピックアップ。簡単におこなえるので、習慣にしてみて。

合せきのポーズ

足裏を合わせてあぐらをかくように座ります。かかとはできるだけ、体のほうへ引き寄せましょう。足先を手で掴み、背筋を伸ばしたら、股関節からしっかりと折り曲げながら上半身を倒します。そのまま5回ほど呼吸を繰り返しましょう。

骨盤周辺の血行を促進することができます。骨盤のゆがみを整える効果も。

ワニのポーズ

仰向けになり、体の力を抜きましょう。片足のひざを抱え、その足の反対側へ体をゆっくりと倒します。足が上になっているほうの手を斜め上へと伸ばしましょう。そのまま3回ほど呼吸を繰り返し、反対も同様におこないます。

骨盤のゆがみが整えられます。腰周辺の筋肉をほぐす効果もあるため、血流改善にも。

関連する記事

水道橋のおすすめヨガスタジオ5選。運動初心者でも大丈夫、気軽に始めてみよう。

近年、話題になっているヨガ。さまざまなところで目に...

2019年07月04日, ヨガ

米沢のおすすめヨガスタジオ5選。少人数制だから初心者も安心。

ヨガスタジオを選ぶときは、評判のよさ、自分の目的に...

2019年07月04日, ヨガ

調布のおすすめヨガスタジオ4選。最近眠りが浅いと感じるあなたに。

ヨガをすると、身体のゆがみがとれ、背骨が上方向に伸...

2019年07月04日, ヨガ