全身で抑えておくべきツボとは?不調をケア・予防しよう。

Siena編集部
公開, 更新 , マッサージ

WHO(世界保健機関)で認められているツボの数は、約361にものぼります。数が多く全身に位置しているので、どこを刺激すれば良いか分からない、と悩んでいる人もいるはず。

ここでは、これだけ抑えておけば代表的な不調を緩和できる、という万能な全身のツボを紹介します。押すときのポイントは、ゆっくり息を吐きながらツボを押さえ、5~10秒ほどキープしたあと息を吸いながら力を緩めることです。

ツボ押しの効果を実感しやすくするには、体の力を抜いてリラックスすることが大事。毎日のケアにツボ押しを取り入れて、コンディションを整えましょう。

肩井(けんせい)

肩井は、肩~背中にかけてのコリを緩和したいときに役立つツボです。ほかにも、首こり・頭痛・歯痛み・四十肩・五十肩・神経疾患などに効果が期待できます。

ツボの場所と押し方

肩井の場所は、俯いたときに出っ張る首の付け根にある骨と、肩先のラインを結んだ中間にあたり、肩の中心にあたる部分。中指の腹をツボにあてたら、垂直方向に刺激してください。

手三里(てさんり)

手三里は、胃腸の働きを整えたり、精神的ストレスによる便秘の症状を緩和する効果があります。消化不良に効くだけでなく、肩こりなど筋肉の張りや痛みにも有効です。さらに、落ち込みやすい・だるいなど精神のアンバランスを整える作用も。

ツボの場所と押し方

手三里の場所は、ひじを曲げたときにできる横シワに人差し指~薬指を置いていき、薬指のあたる位置です。親指を使って、少し強めにグリグリと押し揉みましょう。1~2分程度を目安に刺激を続け、もう片方も同様に刺激してください。

合谷(ごうこく)

合谷は、全身に位置するツボのなかでも効果が多く、万能のツボと呼ばれています。合谷と合わせてほかのツボも刺激することで、さらに高い効果を期待することが可能です。

代表的な効果には、肩こり・腰痛・歯痛・引き始めの風邪・ストレスの緩和が挙げられます。首から上にかけて現れる症状に有効です。

ツボの場所と押し方

場所は親指と人差し指の間で、やや人差し指側。合谷のツボを親指と人差し指で挟むようにして押したら、ゆっくり円を描くように20秒ほどかけて押し込んでください。

志室(ししつ)

志室は、疲労回復の効果が高く、腰痛や冷え性を和らげることも可能なツボです。刺激することで足に流れる血液循環が改善され、むくみや冷えの解消につながります。

ツボの場所と押し方

場所はウエストのライン上で、背骨から親指4本分ほど外側に移動させた部分。親指の腹を使って、ゆっくりと押し込むように回しながら刺激しましょう。

中かん(ちゅうかん)

中かんは、呼吸を深めて胃腸の働きを改善するツボです。消化を助けてくれるので、食べ過ぎや胃もたれのときに押すのがおすすめ。自律神経の乱れを整える効果もあり、不眠にもピッタリです。

咳・たん・むくみ・動機・息切れを解消する効果も期待でき、とくに不調がないときでも刺激しておくことでトラブルの予防につながります。

ツボの場所と押し方

場所は、おへその位置に小指がくるように5本の指をお腹にあてたとき、親指が来る位置です。

両手の親指以外を中かんにあて、息を吐くタイミングで両手のこぶしが重なるように、お腹を引っ込めながら押していきましょう。10回程度を目安に、刺激を繰り返してください。

関元(かんげん)

関元は、気が集まる場所と呼ばれているツボ。内臓の働きを高めたり、精神的な症状にも良い効果をもたらします。下腹部に位置していることから、尿に関するトラブル・女性特有の不調を解消するうえでも有効です。

情緒不安定・足腰が弱くなるなど、加齢による症状のケアにも役立ちます。

ツボの場所と押し方

場所は、おへそに人差し指がくるようにして手をあてたとき、小指とおへその位置が交差する場所です。

親指と小指以外の指を使って、息をゆっくり吐きながらツボを押してください。関元のツボは押すだけでなく、温めることも効果的。使い捨てカイロやホットタオルを使って、ツボ周辺を温めましょう。

足三里(あしさんり)

足三里は、胃をはじめとする消化器系の働きを改善し、全身の万病に効くツボとして有名です。下半身の痛みやむくみを緩和したり、血流を良くして全身を調整する効果も。

ツボの場所と押し方

場所は、膝のお皿の外側でくぼんでいる部分に人差し指がくるようにし、親指以外の4本を揃えて置いたとき、小指のあたる位置です。親指を使ってグリグリと少し強め刺激し、両足合わせて1~2分程度押しましょう。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は、むくみや女性が悩みがちな症状に万能と言われているツボです。消化器・肝臓・腎臓の働きをサポートし、血の巡りを整えて体を温めてくれます。

ツボの場所と押し方

三陰交の場所は、内くるぶしから指4本分ほど上がったところ。足と同じ方の手を使って、足を掴むようにゆっくりと刺激してください。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は体の疲労・だるさを癒し、全身の血行を改善してくれるツボです。腎臓疾患・高血圧・冷え性・不眠・生理に関するトラブルなど、多岐にわたる症状を改善する効果が期待できます。

ツボの場所と押し方

場所は足裏に力を入れたとき、1番へこむ部分です。親指を重ねるようにしてツボを刺激してください。

関連する記事

都内マッサージの相場を紹介:初回限定価格を上手く利用しよう!

都内にはマッサージをしてくれるお店が多くあります。...

2019年07月04日, マッサージ

高知のおすすめマッサージ店5選。病みつきになる痛気持ちいい施術も。

多忙な日々の中で心身をリセットしたい、という人は多...

2019年07月04日, マッサージ

新大久保のおすすめマッサージ店5選。辛い肩こり腰痛を解消しよう。

疲労やデスクワークで肩こりや腰痛に悩まされている人...

2019年07月04日, マッサージ