ヨガで背筋を鍛えて、美しいスタイルに。おすすめのポーズとは?

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

背筋を鍛えることで、姿勢をきれいに保てるようになるだけでなく、コリの改善や基礎代謝のアップなども期待できます。背筋を鍛えようと思っても、方法が分からない人も多いはず。ヨガなら、背筋を鍛える効果のあるポーズをすることで筋力を上げることができるだけでなく、さまざまな効果も合わせて得ることが可能。

ただ筋肉を鍛えたいだけではなく、複合的に効果を得たい人はヨガがおすすめです。ヨガで背筋を鍛えられるポーズには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

ヨガで背筋を鍛えよう

ヨガは全身を使ってポーズを取っていくため、効率的に筋力を上げられる運動。また各部位にアプローチできるポーズもあり、背筋へ効果的に刺激を与えて鍛えることも可能です。背筋は、背中にあるいくつかの筋肉を総称したもの。広背筋や僧帽筋などがあります。

背筋の筋力を上げるメリットとは?

背筋を鍛えるメリットは、健康と美容の2種類あります。

背筋が強化されることで、姿勢を保つことができるようになるため、猫背などを改善することができます。姿勢を正すことができると、骨格の改善なども期待できるように。また姿勢が悪いことで出ていたお腹も元に戻るため、スタイルアップが目指せます。

それだけでなく、体の中で比較的大きな筋肉の背筋は、筋力を上げることで基礎代謝をアップすることが可能。血流促進も合わせて期待できるので、背中や肩のコリも改善できます。

背筋に効くおすすめのヨガポーズ

背筋に効くポーズはいくつかありますが、今回は初心者でもできるポーズをピックアップ。らくだのポーズのみ難易度が上がりますが、継続すれば徐々に柔軟性が増し、ポーズが取れるようになります。初めはうまくポーズが取れなくても、無理せず続けることが大事です。

コブラのポーズ

コブラのポーズは難易度も高くなく、初心者でも簡単にできる背中を引き締められるポーズ。肩コリ解消やリラックスなどの効果が期待できます。

うつ伏せから始めます。足は腰幅に開きましょう。脇を締め、手を胸の横に置きます。息を吸いながら両手で床を押し、ゆっくりと状態を起こしてください。ひじを伸ばしきったら、上半身を反らせます。胸を開き、目線は斜め上に。肩甲骨は寄せましょう。

そのまま姿勢をキープし、30秒ほど経ったら息を吐きながら元に戻ります。

子供のポーズ

背筋ををほぐすことが可能です。リラックス効果も高いため、就寝前におこなうのもおすすめ。

手は肩幅、足は腰幅より少し広げて開き、四つん這いに。息を吐きながらゆっくりとかかとにお尻を下ろします。そのまま上半身を前に倒し、手をまっすぐ上に伸ばしましょう。顔の向きは自分が楽に感じる方向で問題ありません。そのまま呼吸を続け、1分ほどキープさせましょう。

らくだのポーズ

らくだのポーズは、少し難易度が高いため、初心者は無理せずおこないましょう。らくだのポーズができるようになると、全身への刺激が与えられるようになるため、徐々に練習を重ねるのがおすすめ。

ひざを肩幅に開き、ひざ立ちの体勢に。手を腰に当てましょう。息を吸いながら胸を開き、上半身をゆっくりと後方へ反らします。姿勢を保ちながら、右手で右かかと、左手で左かかとをつかんでください。胸を開き、そのまま呼吸を続けて30秒キープ。

戻るときは、手を腰に当ててゆっくりと背筋を伸ばします。

関連する記事

日比谷のおすすめヨガスタジオ5選。自分にあったものを見つけよう

日比谷には、たくさんのヨガスタジオがありますが、と...

2019年07月04日, ヨガ

山口のおすすめヨガスタジオ6選。ヨガで体をほぐしてストレス解消

山口にはヨガスタジオが数多くありますが、レッスンの...

2019年07月04日, ヨガ

スタジオヨギーを利用するときの持ち物とは?レッスンや入会時など詳しく解説。

関東を中心に全国にスタジオを構えるスタジオ・ヨギー...

2019年07月04日, ヨガ