ハラーサナ(鋤のポーズ)とは

Eri
公開, 更新 , ヨガポーズ

ハラーサナは、高い柔軟性が必要なポーズ。全身の血流が促進されるため、疲労回復などが期待できます。首を起点にポーズをキープするため、初心者がおこなう場合は、インストラクターから指導を受けながらおこなうようにしましょう。

別名「鋤(すき)のポーズ」のポーズとも呼ばれています。サンスクリット語で「ハラ」が鋤を意味しており、ポーズの完成形が鋤に似ていることが由来です。

効果

肩周辺や背中の筋肉を中心に刺激するポーズ。肩から腕、背中をストレッチできるのはもちろん、内臓機能を活性化させる効果も期待できます。頭部の血流が促進されるためリフレッシュ効果が高く、疲労回復にも効果的です。

注意

首や肩に痛み、もしくは疾患がある場合、また下痢などの症状や生理中の場合はおこなわないでください。また高血圧やぜんそくなどの場合も控えましょう。初心者やポーズに取り組んだ経験のない人は、必ずインストラクターの指示を受けてからおこなってください。

ハラーサナのやり方

1.ひざを伸ばす

仰向けになり、リラックスします。息を吸いながら手で床を押し、ひざを伸ばしたまま両足を持ち上げ、足を天井に向けましょう。

2.勢いで持ち上げない

息を吐きながら、ゆっくりと足を頭のほうへ持ち上げていきます。腰とお尻も上げ、つま先を頭の向こう側に。ひざは伸ばしたままにしましょう。このとき呼吸は止めないように、意識して繰り返します。

3.ポーズが崩れないように

つま先を床につけましょう。足はまっすぐに伸ばし、腕は床に着いた状態でまっすぐに伸ばします。その状態で姿勢をキープしながら、30秒ほど呼吸をおこないましょう。

元に戻る際は、息を吐きながら足をゆっくり下ろしていきます。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

関連する記事

ウッタナシショーサナ(パピーポーズ・子犬のポーズ・猫の背伸びのポーズ)とは

ウッタナ・シショーサナは、初心者でもできるポーズ。...

2019年07月04日, ヨガポーズ

ハヌマナーサナ(猿王のポーズ)とは

ハヌマナーサナは、股関節の柔軟性がポイントになるポ...

2019年07月10日, ヨガポーズ

シャバーサナ(屍のポーズ/亡骸のポーズ)とは

シャバーサナは、ヨガレッスンの合間や最後に良く取り...

2019年07月04日, ヨガポーズ