アルダマッツェーンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)とは

Eri
公開, 更新 , ヨガポーズ

アルダマッツェーンドラーサナは、体をねじるポーズ。初心者でも簡単におこなえます。柔軟性を上げるのに効果的で、緊張して固まった筋肉をほぐすことができるため、疲労や肩こり・腰痛といった症状を緩和させたい人に最適です。

別名「半分の魚の王のポーズ」とも呼ばれることも。「アルダ」はサンスクリット語で半分、マッツェーンドラ(マツエンドラ)はハタヨガ創始者の1人を意味しています。

効果

体をねじるため、内臓器官を刺激することが可能。肝臓や腎臓、腸などの機能を活発にします。また首や肩、腰、背中のストレッチはもちろん、下半身の筋肉を伸ばすのにも最適。腰痛や肩こりの症状緩和にも効果的です。継続することで骨盤を整える期待もできます。

注意

背中に痛みがある、疾患がある場合は、インストラクターの指示を受けながらおこなってください。またひざに痛みがあるときは、下になるほうの足を伸ばした状態でねじってみましょう。

ポイント

股関節の柔軟性に自信がない場合は、ブランケットの上に座るとポーズが取りやすくなります。やさしくねじりたいときは、片足を伸ばしたままおこないましょう。

アルダマッツェーンドラーサナのやり方

1.ダンダーサナから始める

ダンダーサナ(杖のポーズ)から始めます。右のひざを曲げ、左足の上を通るようにして左側に足を置きましょう。

2.左右のお尻をしっかりとつける

左ひざも曲げ、右お尻の外側にかかとがくるようにしてください。このとき、お尻が上がってしまうので、左右のお尻をしっかりと床につけましょう。

3.ゆっくりねじる

左手で右ひざを掴んだら、ゆっくりと息を吐きながら上半身が右を向くようにねじってください。腰からしっかりと動かすことがポイント。

4.足を変えて繰り返す

可能なら、ねじりを深くして目線を後ろに持っていきましょう。左ひざに右腕を引っ掛けることで、深くねじりやすくなります。左右のお尻が浮かないようにしっかりと床につけることを意識して、そのまま30秒キープしてください。

元に戻るときは、息を吐きながらゆっくり正面を向き、息を吐きながら足を戻します。足を変え、反対も同様におこなってください。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

パシャーサナ(輪縄のポーズ)とは

パシャーサナは、難易度の高いポーズ。初心者の場合は...

2019年07月04日, ヨガポーズ

ガルーダーサナ(鷲のポーズ)とは

ガルーダーサナは、片足でバランスを取るポーズ。大き...

2019年07月04日, ヨガポーズ

ウッティタートリコナーサナ(三角のポーズ・トライアングルポーズ)とは

ウッティタートリコナーサナは、全身のストレッチ効果...

2019年07月04日, ヨガポーズ