パリヴルッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

パリヴルッタトリコナーサナは、三角のポーズにねじりを追加したポーズ。少し複雑に見えますが、やり方を覚えれば初心者でも無理なく楽しめます。下半身のストレッチと筋肉強化はもちろん、内臓機能を活発にする効果も期待できるのがポイントです。

別名「ねじった三角のポーズ」と呼ばれることも。サンスクリット語で三角を意味する「トリコナー」に、日本語で回転と訳される「パリヴルッタ」が加わっています。

効果

下半身の筋肉をストレッチさせることが可能。また、筋肉へ効果的に刺激を与えられるので、強化したい人にも最適なポーズです。股関節や腰周辺の筋肉をほぐすこともできるため、疲労回復効果も得られます。ねじることで内臓へ刺激が加わるため、機能の活性化を期待可能。便秘に悩んでいる人にもおすすめです。

注意

背中や腰に痛み、疾患がある場合は、避けてください。また偏頭痛を始めとした頭痛・低血圧などの症状がある人も、頭の位置が下がることで体調不良になる恐れがあるため、おこなわないでください。

パリヴルッタトリコナーサナのやり方

1.背筋は伸ばす

左足を前、右足を後ろに下げるように立ちます。足の間隔は大きく広げましょう。左足の内側と右足の内側のラインがまっすぐ一直線になるように位置を調整してください。

2.ゆっくりと曲げていく

息を吸いながら、股関節からしっかりと折り曲げるように上半身を前に倒していきます。上半身が床と平行になる程度まで倒しましょう。

3.できる範囲で

息を吐きながら腹筋を引き締め、左を向くようにねじりましょう。右手を左足の外側に添えます。置きやすい位置で構いませんが、可能なら足首や床に触れましょう。左手は天井へ向かってまっすぐ伸ばし、目線は左手の先を自然に眺めるようにします。

そのまま30秒キープ。呼吸を忘れずにおこないましょう。元に戻るときは、息を吸いながら上半身を戻し、起き上がります。足を変え、同様に繰り返しましょう。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ティッティバーサナ(ホタルのポーズ)とは

ティッティバーサナは、高い筋力が必要なポーズ。腕と...

2019年07月04日, ヨガポーズ

バーラドヴァージャーサナI(賢者のポーズ)とは

バーラドヴァージャーサナIは、上半身をねじるポーズ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

バッダコナーサナ(合せきのポーズ)とは

バッダコナーサナは、股関節の柔軟性を高めるのに最適...

2019年07月04日, ヨガポーズ