ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ(上向きの犬のポーズ・アップドッグ)とは

Eri
公開, 更新 , ヨガポーズ

ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナは、背中を反らせるポーズ。胴体を持ち上げるためある程度の筋力が必要ですが、初心者でも問題なく楽しめます。太陽礼拝に含まれるポーズです。腕だけでキープするのではなく、腹筋やお尻の筋肉も使いながら保つのがポイント。

別名「上向きの犬のポーズ」と呼ばれることもあります。ポーズの完成形が、犬が頭を反らしながら伸びをする姿に似ていることが由来です。

効果

肩から背中、お腹のストレッチ効果が期待できます。また腕や手首がバランスのポイントとなるので、強化することが可能です。胴体を持ち上げる際に太ももやお尻の筋肉を意図的に引き締めるため、シェイプアップにも効果があります。内臓の活性化にも。また血流が良くなるため、疲労回復したいときにもおすすめ。

注意

背中に痛みや疾患があるときは避けてください。また手首に痛みがある場合も同様におこなわないようにしましょう。頭痛の症状があるとき、妊娠中のときも避け、可能になったら取り組むようにしてください。

ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナのやり方

1.指の開きがポイント

うつ伏せになり、足の甲は床につけます。ウエスト近くに手のひらを置き、脇を締めましょう。このとき、指をしっかりと広げておくことでバランスが取りやすくなります。

2.ひじは伸ばしすぎず、曲げすぎず

息を吸いながら、ゆっくりと上半身を持ち上げてください。手は肩の真下に伸びるようにして、ひじは伸ばしすぎないようにしましょう。

3.体を持ち上げる

お尻から太ももを引き締め、足の甲でしっかり床を押し、恥骨を持ち上げます。肩甲骨を寄せて背中を引き締め、胸をやや開きましょう。目線はまっすぐ前を見るか、頭をやや後傾させます。

そのまま30秒ほどキープしましょう。元に戻るときは、息を吐きながら体を下ろしましょう。もしくはそのままアドームカシュヴァーナーサナ(下向きの犬のポーズ・ダウンドッグ)へ移行しても構いません。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

ヴルクシャーサナ(木のポーズ)とは

ヴルクシャーサナは、ヨガの代表的なポーズ。片脚立ち...

2019年07月04日, ヨガポーズ

パドマーサナ(蓮華座・結跏趺坐)とは

パドマーサナは、瞑想をおこなうときに用いられるヨガ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

ガルーダーサナ(鷲のポーズ)とは

ガルーダーサナは、片足でバランスを取るポーズ。大き...

2019年07月04日, ヨガポーズ